三池凡太の記録箱

ねことクイズと草いじりを愛する夫婦の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アタック25 ~リニューアル後の感想~(2015.04.05)

凡太です。

アタック25が40周年を迎えてリニューアルしました。

今回はリニューアル後の第一回目です。
司会が浦川アナから谷原章介さんに変わってどうなるのか注目しましたが、役者さんはやっぱ違いますね、華があるというか
番組中にご本人がおっしゃっていましたが、本当に6人(もうすぐ)の子持ちなんでしょうか。動きが切れッキレ。一番近い位置の赤の回答者は委縮したりしないんだろうか…。

問題の読み上げも角野由紀アナ(福岡ソフトバンクホークス・中田投手と結婚して寿退職)から加藤明子アナ(産休・育休から復帰)に変わりました。

オープニングテーマ、早押しボタンの音やパネル獲得の時の音が変わったりと、何もかもがちょっとずつ変わっていました。

谷原さんが収録をを重ねて司会ぶりをどんどん洗練させていくと思いますので、楽しみです。
なんせ動きがキレッキレだから、間違いない

唯一の心配事は、谷原さん目当てにファンの方が予選会に殺到しないか、ってことだけです。

ゆっくりでいいからクイズの勉強を続けていかないと…。


ぽちっとよろしくお願いします

スポンサーサイト

Comment0
クイズ,
PageTop

「ア」から始まる国は?(計13か国)

凡太です。

凡太は「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」を奥さんとちょいちょい観ています。

一番好きなのは、番組の最後に行われる、60秒プレッシャークイズです。
正解が10個以上ある問題に対し、1チーム10人で事前に決められた順番に一つずつ答えていくという形式のクイズです。
(問題例:「ル」で終わる国名を10個答えなさい)

問題が知らされると、毎回CMに流れるのでその間奥さんと必死に考えます。

こういうときに奥さんは凡太より粘り強く考えます。CMはもちろん、実際にテレビの中で回答が始まってもテレビを見ようとしません。ずっと考えています。
一方、凡太は凡太は正解を思いつくのに一定の時間がかかってしまうと全然ダメ。すらすらと答えが浮かんでくるといいんですが、そういった経験はあまりありません。

アタック25に出場するには、粘り強く勉強しなければと思い直し、せめてCM中くらいは考えるようにしました。
今回はすらすらと浮かんできたので、集中力が保てました。

「ア」から始まる国は?(計13か国)






すこ~しスクロールをお願いします





↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓










【凡太の回答】                
アメリカ
アルジェリア
アルゼンチン
アイスランド
アフガニスタン
アンティグア・バーブーダ
アゼルバイジャン
アルバニア
アンゴラ
アラブ首長国連邦

よし、10か国いきましたね。

【残りの答え】
アイルランド
アルメニア
アンドラ


奥さんの回答は以下の6か国です。

アフガニスタン
アイルランド
アルゼンチン
アルジェリア
アルメニア
アルバニア

珍しく凡太の方が多く回答できました。たぶん今年初めてでしょうね。



20140513 ふく(1)

ふく(中央)「ことしはもう半分近くすぎてるんですけど…」

みけた(右上)「次にお姉ちゃんに勝つのは来年にゃ」

ぽちっとよろしくお願いします

Comment0
PageTop

連続クイズ Hold on! 予選参戦!?

凡太です。

昨日のエントリで書いた社宅の草引きは雨のため延期になりました。

ひとまずよかった。

奥さんにはすでに伝えたのですが、連続クイズ Hold on! 予選に参戦しようか思案しています。


番組を何度か拝見したのですが、自信はあんまりないです。


20130625 みけた(1)

みけた「お兄ちゃんのアタック25の予選会通過は夫婦ペア大会だったんだから、まぐれみたいなもんでしょ。
    あんまり調子に乗らない方がいいとおもうなぁ。」

みけたさん、きびしいこと言いますね。


20130607 いろは

いろは「あの番組ってけっこうNHKの朝の連ドラからも出題されているのよね。
    あんた脚本家とか監督さんとか、ちょっと勉強した方がいいんじゃないの。」

いろろんまで…。わかりました、とりあえず勉強します。


励みになりますので、ぽちっとお願いします。

Comment0
PageTop

アタック25対策に本を買いました

昨日に引き続き、凡太です。


アタック25の勉強用に本を買いました。








この本を買ってもめきめきクイズの実力がつくわけではありません。

ただの歴史雑学エッセイです。

なぜ買ったのかと言われれば、朝日新聞で宣伝されていた朝日出版社の本だからです。

アタック25はテレ朝系列。

ちょっと気になりますね。

基本的に偉人たちのダメ息子ぶりが描かれていますが、偉人本人も「それってどうなの?」と言いたくなる記述がけっこうあって面白かったです。

ロックフェラー一族にも触れられていて、伝記を読みたくなりました。

私は坊っちゃん育ちですので成り上がる話は大好きです。

もう少し早く生まれていたら矢沢栄吉に心酔したであろうことは想像に難くありません。


さて、話を戻します。

表紙のイラストに描かれている文豪ヘミングウェイや画家ゴーギャンについても簡単にまとめられていました。

特にゴーギャンは代表作を知りませんし、ゴッホと仲が良かった程度しか知識がなかったので助かりました。

何年か前の全国高校生クイズの問題で

「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか」

という絵が問題に出ていましたが、これってゴーギャンが描いていたのかぁと妙に納得。

高校時代に真面目に授業を聞いていれば今更苦労することもないですが仕方がありません。


励みになりますので、ぽちっとお願いします




Comment0
PageTop

クイズの勉強

らららクラシックで音楽の勉強をしています。
月に2~3回ぼんやり見ているだけですけど。

私は音楽や世界史のことは全然詳しくないので、番組が初心者向けに作られていて助かっています。

昨日はバッハの「G線上のアリア」という作品の特集でした。

「G線上のアリア」は野球漫画『ドカベン』の登場人物である殿馬一人の秘打の一つとして、野球漫画ファンには有名です
バッハが作ったとは全然知りませんでした。

アリアってなんだ?
バロックって何だ?
小学校の図工室の年表に会った記憶が。
そういやロココ調とか聞いたことがあるかも。

と番組を観て疑問に思ったことはGoogleで調べます

一時期は「山川の世界史」とか「山川の地理」を買って寝る前に読んでいたのですが、
出れるかどうかわからないクイズ番組のためだけに腰を据えて勉強するのは難しいです。

自分の興味のあることをちょいちょい勉強するのが続く道かなぁと思います

奥さんの方がスポーツ馬鹿の自分よりいろいろなことを知っているので、
真似して楽しかったことは深く掘り下げていきます
励みになりますので、ぽちっとお願いします。


Comment0
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。