三池凡太の記録箱

ねことクイズと草いじりを愛する夫婦の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

鱚のから揚げを作りました!

凡太です。

昨日の夕飯はきすのから揚げを作りました。
凡太は白身魚が好きなのできすが食べたいと奥さんに伝えると、調理が大変なので凡太が手伝うことに。
魚って調理に慣れてないから気が重いんですが、調理開始。

20150614 鱚(1)


まずは鱗とり。鱚が小さいので少しやりにくいです。
鱗とり自体が久しぶりですが、まぁまぁうまくいきました。

20150614 鱚(2)


頭と内臓を取って、キッチンペーパーで水分を吸い取ります。
ここまで凡太がやっていたのですがかなり疲れました。一匹が小さいので数をこなさなくてはいけないので大変です。


20150614 鱚(3)

きすの開きの出来上がり。

凡太は比較的大きい四匹だけやって(大きいほうが包丁を入れやすいので)力尽きました。
残りは奥さんに任せることに。

その間、凡太はオクラの小鉢やお吸い物を作ることにしました。

20150614 鱚(4)


奥さんがいい感じに揚げてくれました。おいしそう!


凡太の腕前でも開きとか三枚おろしは不恰好ながらも形にはなっているので、もっと魚を調理する機会を
意識的に増やしていけたらうまくなるのではないかと思います。

奥さんが三池の実家に帰っているときに食生活のバランスが悪くなるので、小鉢の一品料理のレパートリーを増やしていきたいです。


ぽちっとよろしくお願いします

スポンサーサイト

Comment2
PageTop

マルアジの刺身とカキ

さて本日は昨日の予告通りカキを夕飯にしました。


20150324 カキ


カキだけだと大きさが伝わりにくいかと思って携帯電話を横においてみました。
どうですか?大きなカキでしょう?
ちなみに凡太さんが7個、私は3個食べました



そして、マルアジのお刺身です。

20150324 マルアジ


お刺身になった状態のマルアジさん。これで一人分です。
お値段何と、120円!!いや、安い、ウマイ、最高ですね(*^^*)
初めは焼き物にするつもりでさばいていたんですが、頭をはずしたところ思っていたよりも鮮度が良く身の状態が良かったので急きょ刺身に変更しました。



これがさばかれる前のマルアジさんです。


20150324 マルアジ(1)



ちなみによくスーパーでお刺身用に売られているのはマアジ、安売りで焼き用に売られているのがマルアジのことが多いですね。
マアジの方がマルアジより確かに味に癖はないと思うのですが、私としてはどうしてマアジとマルアジの間にこんなに値段に差をつけるのか全くもって納得いかないというくらいマルアジもおいしいのです。


美味しさの割に値段の評価が低い、言い換えるとお買い得なおということでしょうか(*^^*)
ただ私が生まれ育った市場では毎日のように入荷があったのですが、今住んでいる地域(関西ではありません)ではスーパーで目にする機会が関西にいたころより少ないのでもしかすると地域によってスーパーに並ぶ頻度には差があるなのかもしれません。



この回で凡太さんがさばいたのがマアジです(➡刺身に挑戦!)。
その時のマアジの写真がこちらです。

20140622 アジ(1)


マルアジもマアジもマッタク同じに見えるわ!!と思うかもしれませんが大丈夫です、私が写真を間違えたわけではありません。
よ~く見ると違うんです。さあ、どこが違うと思いますか?


まずは、体型が違います。
関西ではマアジは「ヒラアジ」と言われていました。
その名の通り、マルアジに比べて幅が広く平べったいのです。逆に言うとマアジに比べて棒状に近い丸太のような体型なのでマルアジというとも言えます。

次に体の色です。
これはの棲んでいる地域によって多少の違いが出てきますが、基本的にはマルアジの方が青みが強いです。このためマルアジを「アオアジ」と呼ぶ地域もあります。


三つめは側線の曲がりはじめている位置とでも言えばいいでしょうか。
マアジはマルアジに比べて側線が頭よりの所で曲がっています。そしてカーブが急です。
なので胸鰭の先がマアジは側線の頭側から見て二つ目のカーブの近くまで届いていますが、マルアジは胸鰭の先は頭の方から見て一つ目のカーブの所にも届いていません。


他にも細かい違いはあるのですが、この写真では伝わりにくいので割愛します。
マメアジやコアジとして売られているのはマアジの子供です。


ここからは個人的な意見になりますが、味の違いはあるのかというとマアジの方が癖がなくて上品な味と言えると思います。なので脂がのっていない時期でも刺身にしてもそれなりに食べられると思います(私は脂ののっていない時期にはアジを生では食べません)。
食感に関しては刺身にするとマアジ時の方が少しコリコリ感が強いと思います。
なので青独特の風味が苦手な方は間合いの方が美味しいと感じるかもしれません。

マルアジはマアジに比べると癖が少しあり、脂ののっていない時期のお刺身はあまりおいしいと言えません。
ただ、脂がのるとこれが同じなのかと思うくらい刺身もおいしくなります!!
アジがマアジに近くなると言えるかもしれません。
味に癖がある分しっかりとした味わいになるとでも言いましょうか。

では、焼くとどうなのかというとマアジはさっくりとした感じに、マルアジはマアジに比べてしっとりとした感じになります。
私は青魚が好きなので焼き物にする場合はマアジよりもマルアジの方が好きです。
でも、生寿司にするならマアジの方が好きです。


とは言えふつうはマルアジもマアジもあまり差を感じないようで、凡太さんは今日食べたアジがマルアジである(マアジではない)ということに気づいていませんでした。
強いて言うならいつもよりちょっとねっとりしているな、と思ったそうです。


私は脂がのっていない時期は刺身にはしないと書きましたが、ではどうするかというとムニエルや唐揚げなど油を使う料理にして脂分を足して食べるのです。
逆に脂がのりすぎでいる時期にはムニエルや唐揚げなどにすると脂っこくなりすぎるので、塩焼きにして油を少し落として食べます。
これはどんな魚にも言えることですが脂がのっていない時期の魚は油を使う料理、乗りすぎている時期には脂を落とす料理にすると美味しく食べられると思います。

ああ、青魚の話になると止まりませんね今日はこの辺にしましょう。
マルアジとマアジ、皆さんはどちらをよく食べますか~?


ぽちっとよろしくお願いします


Comment0
,
PageTop

料理することになれてきました

凡太です。

最近料理することになれてきました。

この週末は奥さんがいないので自炊しています。

本日の夕食は

・鶏の唐揚げ
・かぼちゃのおつゆ
・ほうれんそうのおひたし
・トマト
・ポンカン

でした。カメラがないので写真は撮れませんでしたが、まぁまぁ美味しく作れました。

毎日奥さんに料理を作ってもらっている身の凡太としては、夕食を作るなんて一大イベントなのですが、最近はそうでもなく買い物や後片付けも含めてだいぶなれてきました。あまり疲れなくなったと言いますか、最近は手際が良くなって短時間でさっと作れるようになりましたしね。

奥さんが実感に帰っている期間って、外食やスーパーの弁当が多くて栄養バランスが偏る上に量が少ないので、体がしぼんで筋肉が落ちちゃうんです。
今回は自炊していつも通りむしゃむしゃ食べていましたので体がしぼまずに生活できています。よかったよかった。

20140827 こまめ(2)


こまめ「凡太は独身時代、どういう生活だったにゃあか?」


凡太は独身寮に入っていたので、朝・夕は一週間ずっと寮で出た食事を食べてお昼は社員食堂と休みの日にファミレスに行ってました。コンビニは高い割に味が濃くて量が少ないので凡太はほとんど利用しませんでしたが、寮住まいの半分近くがコンビニ飯に頼っていましたね。
火事が起こると危ないので、部屋にガスはないんです。コンロとか料理台とか全部ありませんでした。

20141208 いろは(3)


いろは「そんなとこに何年もいたら料理する習慣が完全になくなるわね…」

凡太としては、奥さんが病気だったり疲れているときに代わりに食事を作るレベルになれればいいと思っています。
まぁ、そのためにはレパートリーを増やさないと。

20150117 みけた(5)

みけた「お姉ちゃんは明日帰って来るから、明日の夕飯は水餃子にするのにゃ。明後日の朝も水餃子にできるから便利なのにゃ」

任せてください。仕込みは済ませています。
一昨日、言っていた野良猫探しは出来ませんでしたが、料理の方はばっちりです。


ぽちっとよろしくお願いします




Comment0
ねこ, みけた, こまめ, いろは,
PageTop

ウズラの卵で味付け卵

凡太です。

最近会社から帰ると夕飯までもたないぐらいお腹がすくので、日持ちするおやつをつくります。

ペゲちゃん(義父)はウズラの卵を20個ぐらい2~3週間続けて食べたそうです。もちろん卵の殻は娘である、奥さんが剥いたそうです。

その話を聞いた凡太は、ウズラの卵で味付け卵を作ろうと思い、早速スーパーで買ってきました。



20150125 ウズラの卵

茹でて皮をむいたウズラの卵です。これから味付け卵にします♪



20140811 ぽん(1)


ぽん「こういうときだけ凡太はマメなのにゃ。その情熱を他で燃やせばいいのにゃ。仕方のないやつにゃ。」



20150125 ウズラの卵(2)


しょうゆ・みりん・めんつゆを大さじ1杯ずつと砂糖とチューブにんにくを少々混ぜてビニール袋で漬けておきました。
丸一日漬けておけば大丈夫でしょうから、明日の会社から帰って来たら食べられますね



20140721 だる~ みけた みーこ

みけた(右)「ねぇ、なんで7個しかないの?わざわざ買ってきたんでしょ。1パック10個じゃないの?中途半端じゃない?」

だる~(左)「ボクもそれ思ってましたのにゃ。なんとなく想像はつきますのにゃ」

みーこ(右上)「足りない分は凡太がつまみ食いしたに決まってるでしょ



ぽちっとよろしくお願いします

Comment0
PageTop

サバを2枚におろすよ

凡太です。

きょうはサバを2枚おろしにします。


20150112 さば(1)


もちろん、奥さんの完璧なナビゲーションの通りに粛々と手を動かしてまいる所存であります。


20150112 さば(2)


左手が魚慣れしていないですね~。


20150112 さば(3)


よいしょ、よいしょ。




20150112 さば(4)


奥さん「こら!身をグネグネさせるな!(身が)割れる!!」

奥さん「(包丁を)手前に引くように!のこぎりみたいに動かしたらアカン!!」


ひぃぃぃっっっ

20150112 さば(5)


(正直よくわからないまま)はい、完成。


20150112 こまめ


こまめ「…う~ん……身の表面が結構汚くにゃいかな?…こんなもんにゃあか。」


20140925 いろは(1)


いろは「お世辞にもうまいとは言えないけど、凡太にそれ言うとやる気なくしちゃうの。凡太自身もうまくいかなかったと思ってるみたいだからせめて『はじめのうちはこんなもんよ』ぐらいにしてあげましょう」


ぽちっとよろしくお願いします



追記:凡太さんは「上手く二枚おろしができなかった」と残念そうにしていますが、サバの身が割れてしまったのは凡太さんが下手くそだったからではありません。
理由として
①千葉県産のサバだったこと
②鮮度があまり良くなかったこと
が挙げられます。むしろこのサバを2枚おろしにできたのは初心者としては上出来だと思います。

①についてですが、経験的に千葉県など太平洋側で獲れたサバの身はいわゆる「関サバ」で有名な九州産のサバよりも身が柔らかく割れやすいと思います。
三池商店のお客さんだったスーパーのおじさんでも「一日置いてしもうたら(〆サバにはできないけど、塩焼きや煮物には十分な鮮度)太平洋のサバは身が割れやすいからさばいたらボロボロになってしもうた…」と言っていた人もいるくらいです(「それはプロとしてどうやねん…」とそれを聞いていた魚屋仲間全員がおじさんが去って行ったあとでツッコミを入れてましたが…)。
ただし、決して誤解しないでいただきたいのはだから太平洋側のサバが劣るというわけではないということです。

魚は時期や産地が違えば味や身の質が違うのが当たり前です。
もちろん味や食感の違いによってどちらの方が好きだという好みの差はありますが、あくまでも品質が良い・悪いというわけではなくそういう特徴があるというだけのことです。
もちろん太平洋・瀬戸内海・日本海側ではそれぞれ脂ののる時期が違うので、時期によって「今はこっちのサバの方が美味しい」ということはありますよ

ちなみに私は、一番おいしい時期の千葉県産のサバと関サバどちが好きかと聞かれると千葉県産の方が好きです。
サバに限らず、もしスーパーで産地の違う魚が並んでいたら食べ比べてみてください。同じ種類でも味が違うはずですよ☆

Comment0
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。