三池凡太の記録箱

ねことクイズと草いじりを愛する夫婦の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ベネチアングラスの製作体験

ハウステンボスに行ったときに、ベネチアングラスの製作体験ができるところがあったので凡太さんと二人で作ってきました。
好きな柄の小さなガラスを選んで並べて、焼成はお店の人がやってくれてペンダントトップの状態にしてくれます。

凡太さんとあ~でもない、こ~でもない、これかな?いや、こっちかな??といいながら並べていきました。
店員さんが並べ方や配色のアドバイスをくれたので、色を組み合わせるのが苦手な凡太さんでも大丈夫でした(#^^#)



20160711 ベネチアングラス(1)

こちらが私のほうで、



20160711 ベネチアングラス(2)

こちらが凡太さんの方です。


同じ器から選んだのに随分違う雰囲気になりました。
個性が出るんですね~


そして、完成品がこちら!!


20160711 ベネチアングラス(3)

私のものと、



20160711 ベネチアングラス(4)

凡太さんのもの。

体験料に追加でペンダントなどにするために紐を通してくれたりもするのですが、私も凡太さんもアクセサリー類はつけないのでペンダントトップのままでもらうことにしました。

家に帰ってきてから100均で10色100円のストラップ用のひもを買ってきて、私は携帯電話につけています。
凡太さんはストラップで携帯電話の画面を壊した前科があるので、携帯電話ではなく肩掛けカバンにつけることにしました。
キラキラゆらゆらしているのでねこさん達に遊び道具にされるかな~と思ったのですが、最近は携帯電話のストラップでは遊んではいけないとちゃんとわかってきたようで、机の上に携帯電話を置いたままでも被害にあうことはありませんでした。
いや~、うちのやんちゃっこ達もずいぶん落ち着きが出てきたものです


どのガラスを使うか選ぶのがとっても楽しかったので、また機会があればやってみたいです(#^^#)


ぽちっとよろしくお願いします

スポンサーサイト

Comment1
ハウステンボス, ベネチアングラス,
PageTop

ハウステンボスに行ってきました

土日に一泊二日で凡太さんと二人でハウステンボスに行ってきました。
なぜこんな梅雨真っ只中に行ったのかというと、ちょうど「あじさい祭り」と「大ゆり展」が同時開催されている期間だったからです
ハウステンボスといえば遊ぶ場所もたくさんありますが、私と凡太さんが行く理由の80%は花を見に行くためです。
アジサイは1000品種、ユリは300品種もあるんだとか。

去年バラの季節に行って、今年はぜひユリアジサイを!!
ということで一年以上前から計画していたのであります。


このところ毎日のように大雨が降っている九州地方ですが初日は小雨、二日目は晴れという幸運に恵まれました(*^^*)


20160629 ハウステンボス(2)

今回はハウステンボス内の「ホテルアムステルダム」に泊まったので、開園前の園内を散策することができました。
このところの地震と豪雨のせいで宿泊客も少なかったのか、この日は見ての通りほぼ貸し切り状態です!!
ユリの香りを堪能しつつ、写真に人が写りこむ心配も他の人を邪魔する心配も必要なく、じっくりと写真を撮ることができて幸せでした(この写真は、高い目線からの写真が欲しいと凡太さんに頼んで撮ってもらったものです)


20160629 ハウステンボス(3)

アジサイは盛りを過ぎていたので近づいてみると花の色が褪せていたり傷んでいたりしましたが、遠目で見る分にはまだまだ十分楽しめました。


20160629 ハウステンボス(1)

夜はライトアップされて中々きれいです。



20160629 ハウステンボス

展示もいろいろ・・・


あれこれ楽しんできたのでしばらくブログでハウステンボスで撮った写真と共に何をしてきたか書いていくと思います。
とっても楽しかった私たちは、さあ次はどの季節に行こうか・・・そんなことを話しながら帰ってきたのです。
できれば2泊三日くらいしたほうがゆっくりできていいんですけどね(>_<)


ぽちっとよろしくお願いします

Comment2
ハウステンボス, アジサイ, ユリ,
PageTop

動物園に行ってきました その2

ペンギンさんが何やらヒソヒソ話をしています


20160608 ペンギン(1)

ペンギン①(右)「ねえねえ、あそこのペンギン見慣れないヤツだと思わない?」

ペンギン②(左)「ウン。何かちょっとボク達と色も違うような・・・別の種類のペンギンなのかな?朝起きたらいたんだけど、どこから来たんだろうね??」


20160608 ペンギン(2)

ペンギン①「一緒にそ~っと近づいて、どんなヤツなのか見てみようよ」

ペンギン②「ええっ!?じゃあ、そ~っとだよ、そ~っとね・・・」


20160608 ペンギン(3)

ペンギン②「ちょっと!!おさないでよ!!一緒にとか言っといてボク一人に行かせようとしたでしょ!?」

ペンギン①「イヤイヤ、ちょっと足が滑っただけだよ。まあまあ、落ち着いて(ち、バレたか・・・)この辺からちょっと様子を見てみようよ、ね?」


20160608 ペンギン(4)

ペンギン②「(い~や、絶対ボクのこと押した、押したよ・・・)あんまり近づきすぎるのもなんだしね・・・(;一_一)」

ペンギン①「う~ん、やっぱりなんか違うような・・・足、細長いよね・・・あいつ」


20160608 ペンギン(5)

ペンギン①「ねえ!!首!!首も長いよ!?」

ペンギン②「一本足で立ってるよ!!もしかしてボク達新種のペンギンを発見しちゃったんじゃない!?」



もちろん、彼(?)は新種のペンギンではなく野生のアオサギです
恐らくペンギンさんのエサを狙ってやってきたのでしょう。
ここまで堂々としていると、ペンギンと一緒に飼育されているのかな~と一瞬思ってしまいます(笑)
動物園って必ずエサが手に入るし木もたくさん植えられているから巣をつくる場所もあるし、人が出入りするから天敵に狙われる可能性も低い・・・というアオサギさんにとっては理想的な環境なんでしょうね。

どうでもいいことですが、凡太さんはもし鳥に生まれ変わるならペンギンがいいそうです(その時のお話はこちら➡もし鳥になれたなら)。
理由は可愛いからなんだとか


ぽちっとよろしくお願いします

Comment0
ペンギン,
PageTop

マイナス10度の世界

じゃじゃ~ん!!

20150609 フラワーアイスカフェ(1)

これは何かというと・・・・・・ハウステンボスの「フラワーアイスカフェ」の様子です(*^^*)
中はマイナス10度の世界なんだとか。


この中に入る前に、中で何を飲むかを注文します。
何種類かドリンクがあって、私と凡太さんは二人ともホットココアを頼みました。

20150609 フラワーアイスカフェ(2)


私がホットココアを頼んだ理由、それは「マイナス10度やろ?そんなん絶対冷たいモンなんか飲んだら凍えるわ!!」と思ったからです。
温かい飲み物はホットココアしかなかったのですが、ホットココアが一番安かったというのもあります(笑)


20150609 フラワーアイスカフェ(3)


他のお客さんは結構冷たい飲みモノを注文していました。
それを聞いて「うわ~・・・ムリムリムリムリ(>_<)」と思っていた私。
なぜそんな判断がついたのかというと、まだ商売をしていた頃「マイナス24度まで下がる冷凍庫」が三池商店にあったからです。
真夏でもこの冷凍庫(人間が何人もはいれるくらいの大きさ)の中の品物を取るためにちょっと体を入れるだけで凍えそうになっていました。
さらには、店の冷凍庫に入りきらない商品は冷蔵会社の冷凍庫に預けるのですが、そこのおじちゃん達は真夏でも真冬のような防寒着で冷凍庫の中に入るのです。
そんな体験をしていれば、マイナス10度の中で冷たい飲み物を飲もうなんて言う気にはなれません(^▽^;)


20150609 フラワーアイスカフェ(4)

こうしてホットココアを持って中に入った私たち。
やはりその選択は間違っていなかったとしみじみ思いました。
冷たい飲み物を注文していた一緒に入った人たちは中の様子を楽しむ余裕もなく写真を撮るとさっさと出ていきました。

私たちはというとのんびりとホットココアを飲みながら中をあちこち見て回る余裕
さらに凡太さんは当日結構暑かったにもかかわらず長袖シャツに分厚いジーパンという格好だったこともありかなりの時間中で過ごしていました。



20150609 フラワーアイスカフェ(5)


ホットココアで体の芯が冷えないようにしつつ、マイナス10度の世界を満喫したことで当日の30度近い気温の中歩き回った体のほてりもとれて一石二鳥、なかなか良かったです。
というわけでこれからハウステンボスにいって「フラワーアイスカフェ」を楽しもうという方は嫌いでなければホットココアを注文することをお勧めいたします



ぽちっとよろしくお願いします

Comment0
ハウステンボス,
PageTop

凡太、エミール・ガレと薩摩切子に魅了される

さて、ハウステンボス内にはアトラクション施設の他に展示施設もありましてその中でも「ギヤマンミュージアム」というガラス製品を集めた美術館に行ったのです。


20150603 シャンデリア

これはギヤマンミュージアムのシャンデリア。いや~、写真ではわかりにくいですがものすごく大きいんですよ。そして写真より実物の方が綺麗です(^-^;



もともとガラス細工やガラス製品が好きな私はゆっくりのんびりじっくり眺めながら満喫していたのですが、凡太さんがあるところで突然立ち止まった気配がしたので振り返ってみると、

目をキラッキラさせながら一点を見つめています。

どうしたのかと思って凡太さんに近づいていくと・・・

凡太「コレ、欲しい!!」

と薩摩切子を指さしていました。
薩摩切子を見て宝物を見つけた子供のように前のめりになっていた凡太さんなのですがさらに進み、ある部屋に入った途端に息をのんでぽ~っとなってしまいました。

今度は何を見つけたのかというと、


エミール・ガレのランプでした。

凡太「コレ、欲しい!!」

私「ええ!?ガレですか!!いや、ガレはちょっと・・・ムリやで?」

凡太「いや、他のじゃなくてこのランプが欲しい・・・」←頬っぺたが紅潮してとっても嬉しそう

私「ああ・・・・・・これが気に入ったんかまあ、気持ちはわかる・・・うちも博物館とかでガレ見るの好きやもん(*^^*)でも買うんは無理やから博物館で展覧会とかあったら行きましょうね

凡太「・・・・・・」←私の声も届いていないようでひたすらランプを見つめている(^▽^;)


といった具合でした。
凡太さんの反応を見て、薩摩切子もエミール・ガレも全く知識のない人をも引き付ける魅力があるんだな~と再認識しました。
だからこそお値段も超高値なんですね。

とは言え結婚する前に二人で行った博物館で薩摩切子を見たことがあったんですが、その時は何の反応もしなかった凡太さんなのでもしかすると私の趣味が知らず知らずのうちに凡太さんにもうつったのかもしれませんね。
私が(これきれいな~)と心の中で思いながら眺めていた展示品を凡太さんが「コレ、綺麗!!(*^^*)」と言いながら見つめているのを見ていると、夫婦ってこういうところから似てくるんですかね?と思わずにはいられませんでした(笑)


では引き続きまして、ハウステンボスで撮ってきたバラの写真。
今日は白いバラです


20150603 バラ(1)



20150603 バラ(3)



20150603 バラ(2)



20150603 バラ(4)



20150603 バラ(5)



20150603 バラ(6)



ぽちっとよろしくお願いします

Comment0
, バラ,
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。