三池凡太の記録箱

ねことクイズと草いじりを愛する夫婦の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

睡眠時間

凡太です。

20150131 みけた


みけた「眠いのにゃ…💤」

20150131 いろは


いろは「すぴ~…💤」

20150131 いろは・みーこ


いろは「凡太、今寝てるんだから邪魔しないでちょうだい



やっぱり寒い日は眠いですよね。

凡太は夏と比べて冬はとても眠く感じます。特に年明け~春ぐらいまではすごく眠くて体から疲れが取れにくい季節です。
結婚してからは、土曜は予定を入れずに大体10時間ぐらい眠っているようにしています。

冬場(12~2月)の土曜日の過ごし方はだいたいこんな感じです。

・金曜夜は23時~24時くらいに就寝
・8時~9時に起床
・15時~18時の間に最低2時間は昼寝
・夜は23時ぐらいに就寝


凡太としては、夜寝てから昼過ぎまで飽きるほど寝続ける方が好きなんですが、奥さんに怒られて早〇年、昼寝をすることで折り合いをつけています。

起床時間が休みの日でも大きく変わらないので、体調が楽になりました。

早く春にならないかな…

20141218 だる~(2)


だる「とか何とか言っちゃって、凡太兄ちゃんは一年中よく寝てお姉ちゃんに怒られていますのにゃ



ぽちっとよろしくお願いします

関連記事
スポンサーサイト

Comment0
PageTop

コンビニにゃんこと凡太(2)

凡太さんは昨日の夕方、小雨が降っていたにもかかわらずコンビニのねこさんに会いに行ったんだそうです。

20150130 ぷー(1)

ぷー「凡太も熱心よね…」

そうしたら、この前まで寄ってきてくれなかったねこさんがスリスリしてきてくれたそうですよ(*^^*)


20150130 ぷー(2)

ぷー「ああ~・・・きっと、雨に濡れたから凡太のスーツで拭きたかったのにゃんね。タオルがわりにはちょうどいいんじゃにゃいの?」

いや、でも凡太さんが立ち去ろうとしたら「にゃあ~~っ、にゃあ~~っ」って言って「いかないで~」って言われているみたいだったって言っていましたよ。
あんまりにも可愛いから思わず

「そうだ、鞄の中身を全部出したらこの子一匹くらいなら入れられる!!ああっ、でもうちはペット禁止だ!!いや、自治会長やってるから大丈夫だ!!(←何が?と思わずツッコミを入れたのは言うまでもない)いや、ダメだ!!くそう、どうすればいいんだ!!」

って心の中で叫んで葛藤したらしいですよ。


20150130 ぷー(3)

ぷー「そんにゃの、凡太がちょうど雨避けになっていたから立ち上がるんじゃにゃいって言われていただけにゃんよ。大体、カバンの中身出しちゃったらその書類どうすんのよ。バカなんじゃにゃいの?ていうかバカよね


ぷ、ぷーちゃん?そんなこと凡太さんに言わないでくださいよ?
仲良くなれたって喜んでいたんですから



20150130 ぷー(4)

ぷー「え?さっき凡太が嬉しそうに報告してきたから言っておいたのにゃんよ


ええっ!?
凡太さん、凡太さ~ん・・・・・・


あ~あ、涙目になってるじゃないですか
凡太さんを慰めるのって私なんですよ?面倒くさいんですよ?
どうしてそんないじわるしたんですか?


20150130 ぷー(5)

ぷー「そんにゃの、この前の恨みを晴らしたに決まってるじゃにゃいの許すまじ、凡太・・・」


この前って、私の布団を凡太さんが勝手に使ったあの件ですね(この件です➡待っていたのに
あ~あ、仕方ないから落ち込んでいる凡太さんにはチョコレートでも食べさせておきますかね


この日生まれた三池家の新たな教訓
・ぷーちゃんの甘えたタイムは決して邪魔しないようにしましょう。そうでなければ忘れたころに報復されます・・・


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
PageTop

凡太の上のみけた

寝ている凡太さんの上にみけたちゃんが乗っています。
が、何故か微妙な顔つきです。

どうしたんでしょうか。

20150129 みけた(1)

みけた「(さっき、こまめ兄ちゃんにしばかれたのにゃ。やっぱり寝ているときにしっぽで遊んだの、バレていたのにゃんかね)ウ~ン・・・」


そりゃバレるでしょう。


ところでみけたちゃんって、凡太さんのこと好きですよね?
どうしてなんですか?というかみけたちゃんにとって凡太さんってどんな存在なんですか?
凡太さんが寝ている隙に聞いちゃいましょう
今なら寝ているから何言っても大丈夫ですよ。本音をどど~んとぶっちゃけちゃってください


20150129 みけた(2)

みけた「ボクにとっての凡太にゃんか?そうにゃんね・・・とりあえずあったかい敷き布団だよね


敷布団・・・下に敷くの前提なんですね



20150129 みけた(3)

みけた「うん。ボクの方が立場上だから・・・あとは、やっぱアレにゃんね」


ああ、確かにねこさん同士の間では上にいる方が有利なんでしたっけ。
だから凡太さんは敷布団限定と・・・掛布団ではない、枕でもないと。ナルホド。

で、「アレ」って何ですか?


20150129 みけた(4)

みけた「類友、だね。この前みーこお姉ちゃんにも言われちゃったよ『あんたたちって同じ顔して寝てるわよね』って・・・でも、あくまでもボクの方が立場は上。ここんとこ重要だから忘れにゃいでね


るいとも・・・類は友を呼ぶ、ですね。
「同じ顔して寝てる」は、私も思いますよ(*^^*)
あとは、「好きなものを食べているときの顔」も一緒ですよ(笑)
そしてみけたちゃんの方が立場は上なんですね、わかりました肝に銘じておきます。


こんな会話がなされているとは露知らず、凡太さんはまだまだ眠り続けています。
そう、みけたちゃんの敷布団として。


ぽちっとよろしくお願いします



関連記事

Comment0
PageTop

コンビニにゃんこと凡太

昨日会社から帰ってきた凡太さんは何故かあまりお腹がすいていないようでした。
いつもなら「お腹すいた~!!」と成長期の子供か!とツッコミたくなるようなセリフと共に帰宅するのですが…
不思議に思って訊いてみると「コンビニで唐揚げを買い食いした」とのこと。

私「さては、コンビニのねこさんに会いに行ったな?」

凡太「エヘ『にゃ~』って言うとった…

私「楽しそうやな…

凡太「やっぱり買い食いって美味しいな


20150128 ふく(1)

ふく「コンビニで買い食いが楽しいって…やっぱり凡太は中学生レベルなのにゃ…」


そう思いますよね。
なんかお小遣い握りしめて嬉々としてコンビニで買い食いする凡太さんを想像してしまいましたよ(-_-;)



20150128 ふく(2)

ふく「凡太はねこさんとお友達になれたのにゃんかね?」


それがですね、


私「で?ねこさんとは仲良くなれたん?」

凡太「あのな、コンビニの外のゴミ箱の前で唐揚げ食べた後な、唐揚げの脂っていうか汁っていうかをな…ちょっと指先につけて差し出したらクンクンってしてくれてな

私「唐揚げのにおいで釣ったんかい!!何という浅はかな…で?」←「浅はか」を強調して言外に(そんなんでうまくいくわけなかろう)という思いを滲ませてみる

凡太「寄ってきてくれた…」←寄ってきたということだけを妙に強調して話を進めようとしない

私「それでナデナデ成功したん?」←結末が知りたくてジレてきた

凡太「・・・・・・・・・・・クンクンって唐揚げのにおいに夢中になっとったから『今や!!』って思って手を伸ばしたら、『ツイ~』って避けられてそのあとすぐに車が通ってしまって逃げられた・・・」←チ~ン・・・

私「あ~・・・まあ、ウン」←笑ってしまって言葉にならない


20150128 ふく(3)

ふく「ま、そんなもんなのにゃんよね。お姉ちゃんみたいにはいかにゃいよね


はい。
私が食べ物でつらなくてもナデナデ出来たのを見てうらやましかったようで…


凡太「もう、なんで○○ちゃん(私)ばっかり~~~あ”~~~っナデナデしだがっだの”に”~~~」←突然私をガクガクゆすり始める

私「知らんがな、そんなんねこさんに聞いてくれええい、離せっ」


という具合でして(-_-;)


20150128 ふく(4)

ふく「お姉ちゃんに対抗しようにゃんて100年早いのにゃ…何しろお姉ちゃんはペゲちゃんから『ネコ使い』の称号を賜っているのにゃんからペゲちゃんも連れてくるねこさんが次々にお姉ちゃんになついちゃうから、何とかそれを阻止しようと『コイツの世話はワシがするからお前は見るな、寄るな、触るな!!』なんて言っていた時もあったにゃんよね~…結局それも無駄な努力だったけど。ボクもにゃんでかよくわからないけど、お姉ちゃんを一目見て声をかけられた瞬間に『この人は大丈夫』って思っちゃったもんにゃあ


それはありがとうございます(*^^*)


凡太さんに言われましたよ。
「たまには一緒に来るように!!」って。そうしたらねこさんが寄ってくるからだそうです(・_・;)

きっと当分凡太さんのコンビニ通いは続くでしょうね。
あ、よそのねこさんにはご飯はゼッタイにあげないという三池家ルールがあるのでそれはちゃんと守っていますよ。


外ねこさんはあんまり仲良くなると姿を見かけなくなった時がつらいんですけどね~…でも、目があったときに「会えてウレシイ!!」っていう顔をされるとやっぱり何度も会いに行ってしまうんですよね。


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
PageTop

凡太、こまめちゃんの可愛らしさに今更ながら気づく

凡太の一番のお気に入りは、言わずと知れたみけたちゃんである。
しかしこの日(➡よいお年を!!)のブログを見た凡太は言った。


「こまめってかわいかってんな」


は?

今コイツは何を言った?
「こまめ=可愛い」という等式が当たり前だった私にはあまりのことに凡太が言った言葉の意味がすぐには理解できない。
5秒後、私の脳味噌は凡太が発した文字の羅列をようやく意味を持った文章として捉えた。
それほどまでに「こまめ=可愛い」は私の中では自明の理だったのである。


私「何を今更…?ていうかこまちゃんのこと可愛いって知らんかったん!?」

凡太「ウン。なんか、こまめって言うたら↓こんな感じのイメージ?」


20131028 こまめ

凡太「どっちか言うと可愛い系よりは渋いというか…」

私「ああ、しかめっ面の男前系?」

凡太「う~ん…まあ、なんというかこんな↓『きゅるるん』って言う顔をすると思わんかった


20141104 こまめ(2)


それを聞いた私は思った。
今まで数年間コイツはこまめの一体何を見てきたのだろうと。
こんな顔、しょっちゅうしているではないか。節穴にもほどがある!!

「気付くんおそいわ!!」


可愛い可愛い、可愛くて仕方ないこまめちゃんのかわいらしさにあろうことか自分の相方が気付いていなかったという衝撃の事実に思わず叫んでしまったのは仕方のないことだろう。


凡太「いや~、なんか先入観っていうか…?」

私「はあ…?とにかく、こまちゃんは可愛い!!これ、当たり前やから!!わかった!?」

凡太「ウン、わかった(*^^*)」


そしてこまめちゃんの可愛らしさに気づいた凡太の取った行動は……今までカメラを構えればほぼみけたを捉えていたというのに、この日を境にこまめちゃんをひたすら追い始めたのである。
もちろんみけたのことも忘れてはいない。
しかしこれまでを考えると凡太がこまめに対してシャッターを切る回数は10倍、否それ以上になったのだ。
なんともはや、今更な話である。


ということで、凡太さんはようやくこまめちゃんの可愛らしさに気づいたそうです。
どうですか?こまめちゃん?



20141104 こまめ(1)

こまめ「ホント、今更なのにゃ…さっきからみけたが『ボクの方がずっとずっとカワイイもん!!』ってうるさいからちゃんとみけたの相手もするように凡太に言っといてなのにゃ



ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
PageTop

お気に入りの体勢は?

20150126 だる~(1)


こんにちは。ボクだる~ですのにゃ。
え?変わった格好で写真を撮ってにゃいかって?
そんなことありませんのにゃ。ボクがお姉ちゃんに抱っこしてもらうときはいつもこの体勢なのですにゃ



20150126 だる~(2)

ちなみにこの写真はお姉ちゃんの自撮りですのにゃ。
凡太はお風呂から上がってもうすでに夢の中、お母さんは今お風呂に入っています。ペゲちゃんはカメラで写真を撮るにゃんて高度なことは出来ません。
それでもお姉ちゃんはボクのカワイイこの格好を写真に収めたくて頑張っているらしいのですにゃ。



20150126 だる~(3)

「だるる~、カメラ見て『はいポーズ』して~」ってお姉ちゃんが言っているからトクベツサービスのカメラ目線ですのにゃ
お姉ちゃんは満足げに「ラッコだるちゃん激写成功~」とか言って嬉しそうにしていますのにゃ。



20150126 だる~(4)

う~ん…お姉ちゃん、早くカメラを置いていい子いい子してくれないんかにゃ


普通に抱っこするとイヤイヤしてすぐに逃げていくだる~ちゃんですが、あおむけにして膝の上に乗せてあげると結構いつまでもこの体勢でくつろいでくれます。
プライドの高いみーこお嬢様あたりにこんな抱っこの仕方を試した日には、私の手は傷だらけになるでしょう…
それぞれ好きな体勢があるんですね。


でも「ラッコ状態」が一番好きなだる~ちゃんは変わっていると思います。
そもそもこれってネコとしてどうなんでしょうね?この体勢のまま持ち上げて赤ちゃんをあやすようにゆ~らゆらとゆすっても無抵抗です。というかむしろ嬉しそうに目を細めています(^▽^;)
元野良ネコのだる~ちゃん、あなたの警戒心や野生の本能はどこに置いてきたのですか?と聞きたくなってしまいます(笑)
かわった抱っこのされ方を好むねこさん、他にもいるんでしょうね


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
PageTop

ウズラの卵で味付け卵

凡太です。

最近会社から帰ると夕飯までもたないぐらいお腹がすくので、日持ちするおやつをつくります。

ペゲちゃん(義父)はウズラの卵を20個ぐらい2~3週間続けて食べたそうです。もちろん卵の殻は娘である、奥さんが剥いたそうです。

その話を聞いた凡太は、ウズラの卵で味付け卵を作ろうと思い、早速スーパーで買ってきました。



20150125 ウズラの卵

茹でて皮をむいたウズラの卵です。これから味付け卵にします♪



20140811 ぽん(1)


ぽん「こういうときだけ凡太はマメなのにゃ。その情熱を他で燃やせばいいのにゃ。仕方のないやつにゃ。」



20150125 ウズラの卵(2)


しょうゆ・みりん・めんつゆを大さじ1杯ずつと砂糖とチューブにんにくを少々混ぜてビニール袋で漬けておきました。
丸一日漬けておけば大丈夫でしょうから、明日の会社から帰って来たら食べられますね



20140721 だる~ みけた みーこ

みけた(右)「ねぇ、なんで7個しかないの?わざわざ買ってきたんでしょ。1パック10個じゃないの?中途半端じゃない?」

だる~(左)「ボクもそれ思ってましたのにゃ。なんとなく想像はつきますのにゃ」

みーこ(右上)「足りない分は凡太がつまみ食いしたに決まってるでしょ



ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
PageTop

コンビニのにゃんこ達

昨日のブログにあったように、凡太さんがいつも利用しているコンビニに可愛いねこさんがいるという情報をキャッチした私。「凡太ばっかり可愛いねこさんを愛でるのはズルイ!!」ということでさっそく会いに行ってきました
最初に行ったときは時間がまだ早かったので会えなかったのですが、買い物をして時間を潰して再び行ってみると…


いました、いました。

20150124 外ねこ

驚かさないようにそ~っと…ちょっと離れたところからフラッシュは使わずに、パシャリ

「かわいい~」と小声でヒソヒソ・ニヤニヤしていると…


20150124 外ねこ()

おや、もう一匹発見
一匹じゃなかったんですね

ウフフフ…←ちょっと怪しい人だったかも(笑)


凡太さんは近づけずに「フシャ」と言われたと言っていたのでお近づきになるのは無理かな~?と思いながらそ~っと指を差し出してみたところ……


20150124 外ねこ(6)

アッサリと鼻チューご挨拶に成功し、30秒後にはスリスリ&ナデナデを許可していただきました



20150124 外ねこ(3)

凡太「ちょっと、なんか近くないですか!?凡太には触らせてくれへんのに……

という凡太さんのつぶやきを(だって、動物と子供にはモテるんやも~ん異性からは全くモテへんけどな)などと心の中で答えながらスルーしつつ、しばらくモフモフさせてもらいました。

誰にでもナデナデさせてくれる人懐っこいねこさんたちなのかな?とも思ったのですが、そうでもないようで他の人が歩いてきたりすると逃げて行ったりしていました。
もしかしたらお世話をしてくれているのが女の人なのかもしれませんね。



その後コンビニでちょこっと買い物してさあ帰ろうか…と言っていると…


20150124 外ねこ(4)


なんか、数が増えてる!!
4匹になってる!!茶トラと茶白発見です

かわいらしさも4倍!!いや、それ以上!?


20150124 外ねこ(5)


暗かったのでブレブレですが…台の上にいるのは一枚目の三毛ねこちゃん、下が茶白ちゃんです。
パシャリと撮ってさようなら~

いや~、可愛かったです(*^^*)
しかし、三池家のねこさんは女の子も4キロを超え、男の子はほぼ全員5キロを超えているせいで(決して太っていないです…ともちゃん以外…)みんな小さく見えました(笑)
大きさから考えて3キロちょっとあるはずなんでネコの大きさとしてはいたって普通なんですけどね。
三池家のねこさん達のデカさ加減を改めて感じた次第です。
うちの子たち、ただの雑種なんですけど…どうしてそんなに育ってしまったんでしょうね~。
過保護にいいもの食べさせすぎたかな?(笑)



ぽちっとよろしくお願いします



関連記事

Comment0
PageTop

コンビニが猫を飼う時代

凡太です。

凡太は会社まで自転車で通勤しているのですが、最寄りのコンビニが猫を飼いだしました。

20140706 みけた(1)


みけた「なんでコンビニで猫を飼ってるってわかるにゃあか?」

最初は、会社からの帰り道にねこさんがコンビニの前に座っていたのをよく見かけたんです。
意識してみてみると、首輪のついた三毛ねこさんがコンビニの前でドライフードを食べているのをよく見かけました。
何度かこそこそ近づいたんですが、「フシャ」と言われたので最近は遠巻きに眺めています。

20130917 みけた(2)

みけた「うんうん。それでそれで?」

今晩、コンビニの前を通ったら公衆電話の横にきれいな猫ハウスがありました。
最近寒いですから店長が置いたんでしょう。凡太の思い込みで誰に確かめたわけでもありませんが。

みけた・秋

みけた「ほんとにゃあか僕のお気に入りのみけたハウスみたいなやつにゃあか?

それ、みけた専用じゃないでしょう…。みんなで使ってくださいね
色はちがいますが形は一緒で、そういう家型のやつです。
奥さんに話したら「明日コンビニねこさんの写真撮りにいこ~」と楽しそうでしたので、行って写真を撮ってきます。
(凡太が勤める会社はカメラ類の持ち込みが禁止で、凡太の携帯はガラケーでブログに載せる写真は撮れません。)

20140930 みけた(4)

みけた「コンビニねこさんよりボクの方がきゃわいいにゃん…よね??」

みーこ(左上)「凡太の会社はカメラの持ち込みは禁止なのに、スマホの持ち込みはOKなのね。それって大丈夫なの?ま~、凡太を雇えるぐらいだからきっと余裕がある会社なのよね、ふふ。」

ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment2
PageTop

新聞だあい好き

おや?
凡太さんが読んでいる新聞が妙~に膨らんでいますね。
ということは、誰かが潜っている…ということですね(*^^*)

ねこさんは新聞が好きですからねえ


さて、今日は誰が潜っているのかな~?

20150122 とらぼん(1)

とらぼん「うにゃっ!?ああびっくりした、お姉ちゃんだったにゃんか急にめくらにゃいでよね」


あら、びっくりさせちゃいましたか?
それは申し訳ない。
そんなにびっくりしたって言うことは、見つからないように隠れていたって言うことですか?


20150122 とらぼん(2)

とらぼん「うん。さっきから『遊ぼう遊ぼう』ってしつこいからここに隠れているのですにゃあよもう朝から散々相手して遊んであげたのに、まだ遊び足りないらしいのにゃ。いい歳して子供みたいにはしゃぎまわるのはやめてほしいのですにゃ。ボクは今はねんねの気分なのですにゃ」


確かに、とらぼんちゃんにとっては新聞の中は居心地がいいうえに隠れるのにもってこいの場所ですね。
ところで、とらぼんちゃんが迷惑をこうむっている『いい歳して子供みたい』な子ってやっぱりアイツですか?



20150122 とらぼん(3)

とらぼん「はい。”アイツ”以外にいませんのにゃよ。年上のくせして手がかかるんだからマッタク…


それは大変ご苦労様です。
頑張って隠れていてくださいね(^▽^;)


20140908 みけた(1)👈コイツ

みけた「”ねーねー、”アイツ”って誰のことにゃんだろうねぇ


誰ノコトデショウネ、ホントニ


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
PageTop

一番正しい使い方

20150121 ふく(1)

どうも、ふくです。
ボクは今、電気カーペットの暖かさを存分に堪能しているところなのですにゃ。
ちなみに僕がかぶっているのは毛布ではありませんのにゃ。
そう、毛布じゃにゃいから本来はコレってかぶって使うものではありませんのにゃよ。


20150121 ふく(2)

あ、お姉ちゃんがちょうどこっちに来たので今から「一番正しい使い方」を実践しようと思いますのにゃ。
おね~ちゃ~ん、ちょっとこっち来てなのにゃ~

私「はいは~い、何ですか?」

ココに座ってなのにゃ。
で、いつもみたいに足をこうやって…早く早く。

私「はいはい、こうですね?

うん、そう…ゴソゴソ…


20150121 ふく(3)

ふう。コレで完璧ですのにゃ。
ちなみに上から見ると…



20150121 ふく(4)

こうなってますのにゃ
本来はペット用にゃんだけど、お姉ちゃんに足を入れてもらって、その間に挟まるのが最高ですのにゃんよ



20150121 ふく(5)

ついでにこうやって構ってもらっちゃったりなんかして、あったかい上にお姉ちゃんも独り占め…もう最高にゃ~あ
お姉ちゃんもあったかいから、このまま本を読んだり僕の写真を撮ったりのんびり過ごしてくれますのにゃよ
もしコレを読んでいるねこさんがいたら、飼い主さんに頼んでやってもらうといいのにゃんよ~



ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
PageTop

ともちゃんの計略

これはお正月の帰省からこちらに帰って来る日の話。



どうも、ともです。

20150120 とも(1)

ボクは今、「お姉ちゃんを行かせないぞう大作戦」遂行中ですのにゃ。
今月のお姉ちゃん出発阻止係はボクなのですにゃ
え?カバンの上に乗っていないじゃにゃいかって?(カバンを押さえられた時の話はこちら➡恒例の荷物ブロック今度の阻止係はだる~ちゃん
お姉ちゃんが鞄を買い替えて「今度は素材が皮やから今までみたいにカバンで爪とぎされたらかなわんわ」って言ってボクたちから隠してしまったから押さえられないのですにゃ


母「ともちゃ~ん、お姉ちゃんは帰る準備せなあかんからそこから降りよか~?」

20150120 とも(2)

あ、お母さんが僕の作戦を邪魔しようとしていますのにゃ。
聞こえないふりしなくっちゃ
ちなみにボクが今乗っているのはカバンでもお姉ちゃんの服でもありません。
にゃにゃ、にゃんと!!お姉ちゃん本体ですのにゃ!!(お姉ちゃんの服のボタンが写っているでしょう?)



20150120 とも(3)

よし、お母さんはお買い物に出かけていきましたのにゃ。
ふく~、ちゃんとお姉ちゃんの足の上に乗っているにゃんか~?

ふく「任せろなのにゃ~



20150120 とも(4)

そう、お姉ちゃんはいま布団の中。そしてボクはお姉ちゃんのお腹の上上の写真にちらっと写っているふくはお姉ちゃんの足の上なのです。
朝食を食べて満腹になったお姉ちゃんが布団の誘惑に負けて再び潜り込んだ所を見逃すボクたちではありませんのにゃ。
そうしてお姉ちゃんは今まさにウトウトとし始めていますのにゃ(ニヤリ



20150120 とも(5)

ふっ…お姉ちゃんが本格的に寝始めましたのにゃ。チョロいですのにゃ
この調子で新幹線の出発時間まで寝かせておけばいいのですにゃ。
いつもは騒々しいみけたも静かにしているようにって言い聞かせてあるから、走り回る音でお姉ちゃんが起きる心配はありませんのにゃ。
荷物を押え込むのがダメならお姉ちゃん自身を押え込んじゃう…ボクってにゃんて賢いんだろう


そして2時間後…


「うわ~~~!!うそ、もうこんな時間!?支度、支度せな新幹線に間にあわへん~~~っ!!!お腹の上に乗って寛いでくれるなんてめったにないから嬉しくてじっとしとったら寝てもうた~(T_T)くそぅ…ともちゃんに嵌められた~ぁ!!」


……ちっ……お母さんがあと30分ゆっくり帰ってきてくれれば新幹線の出発に間に合わずに済んだのにゃ





いつもはお腹の上に乗ってきても1分ほどで降りてしまうともちゃん。
この日は結局母が帰って来て私を起こすまで2時間、ずっと私の上に乗っていたようです。
新幹線が雪の影響で2分ほど遅延していなければ乗り損ねている所でした…本当に”ヤバかった”のです
ねこさんを振りほどけないという私の特性(?)を逆手に取るとは…恐るべし、「お姉ちゃんを行かせないぞう大作戦」。(←引っかかる自分が情けない
ちなみに凡太さんはお仕事のために一日早く出発していました。


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
PageTop

ゴミ捨てコンテナの掃除

あ~…しかし昨日はしんどかったね…×2


20141104 こまめ(1)

こまめ「お姉ちゃんに凡太まで…せっかくの日曜日だったのにどうしたのにゃんか?」


実はわが自治体内にあるゴミ捨て場のコンテナに車がぶつかって壊れてしまいまして、運よくなのか悪くなのか自治会長を務めているわが家で補修することになったんですが、その前にコンテナの中を掃除しないと補修できないくらい汚かったんですよ


20141104 こまめ(2)

こまめ「そんなに汚れているのに今まで気づかなかったにゃんか?」


わが自治体内にはゴミ捨て場が2か所あるんですよ。
三池家が利用するゴミ捨て場とは違うほうのゴミ捨て場だったので…壊れているのも知らなかったんです
自治会長のお仕事の中に「ゴミ捨て場の見回り」は含まれていなかったもので
いや~、しかしあそこまでひどいとは思いませんでした。夏場じゃなくてよかったです(>_<)



20141104 こまめ(3)

こまめ「大変だったのにゃんね…


はい。何が悲しゅうて回収してもらえなかったよその家のゴミ袋を開けて分別しなおさいといけないのか(ToT)
それよりも大変だったのはゴミ袋に入れずにコンテナに放り込まれた残飯&オムツetc.ですよ。ゼッタイに夏場だったらアレは大変なことになっていましたね…いろんな意味で。



20140305 いろは(1)

いろは「残飯&オムツ…夏場…想像したくにゃいわねそれで補修は上手くいったのにゃんか?」


はい、どうにかなりました(*^^*)
とりあえず分別し直したゴミが無事に回収してもらえることを祈るのみです…
あの感じだと時々ゴミ捨て場をチェックしないといけないでしょうね。

それにしても、よそからゴミを持ち込まれていると通りすがりの人を疑うのもいやですし自治体内の人のマナーが悪いと考えるのもいい気持ちはしませんが…そのどちらか一つなんですよね。
ゴミは勝手に何もない所から出現したりはしませんからね。



20140305 いろは(3)

いろは「せっかくきれいにしたんだからもう汚れることがないといいにゃんね


そうだといいですね(*^^*)
とりあえず次に自治会長さんに引き継ぐまでは週に一度くらいゴミ捨て場のチェックをしようと思います。
ゴミを捨てるところだからこそ気持ちよく使いたいですものね☆


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
PageTop

2015年センター試験 国語の現代文だけ40分で解いてみた

凡太です。

今朝の朝刊で問題と解答が載っていたので、2015年センター試験 国語の現代文だけ解いてみました。

センター試験の国語は現代文(100点)・古文(50点)・漢文(50点)の合計200点です。
制限時間は80分なのですが、40分で解いてみました。

結果は、71/100点でした。
漢字は満点だったのですが、社会人になってから字を書く経験が減ったのであまり自信がなかったです。

現代文だけだから一概に比較できないんですが、高3の時に受験したセンター試験の点よりいいんですよね。」
受験生の頃は、
①➡わからない
②➡時間がない
③➡焦る
④➡①に戻る の繰り返しでしたからね。

凡太の主張に近い選択肢がときどきあってこれを正しい選択肢として選びたいけど、問題文に載ってないんだよね。
という選択肢は我慢して選ばないようにしました。
センター試験の形式ってこんなんだっけ?と思いながら、正解の根拠・こんきょ・コンキョ…とブツブツ自分に言い聞かせつつ格闘しました。

文章を速く読んだりする力は衰えているものの、当時よりはるかに集中できたというかなんというか。

また来年やりたいもんです。

20150118 ふく

ふく「こんな小さい字で書かれているのに凡太のやつ、よく読めたのにゃ。お姉ちゃんは目が悪いから問題を解きたくても字が小さすぎて読み取れないのにゃ」

ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
PageTop

ぽん窓にみけた

凡太です。

みけたがぽん窓にいます。

「か~わいい~」と言いながら奥さんが写真を撮っています。


20150117 みけた(1)


みけた「お姉ちゃんが写真撮ってくれてるのにゃ。いいとこ見せにゃいと


20150115 みけた(2)


みけた「みけたミサイルを発射するのにゃ


え~、大体失敗して怒られるアレでしょう?凡太の方にとんでこなかったらいいんですけど…。


20150117 みけた(3)


みけた「失敗するとお姉ちゃん怒って怖いから、やっぱ凡太兄ちゃんの方向にしよっと


みけたお願い、考え直して!!


20150117 みけた(4)


みけた「凡太兄ちゃん何か言った??ま、いいや!!!!」


凡太「ぎゃあ~」


20150117 凡太


部屋で本を読んでいただけなのに…

この写真を撮って『ブログネタができたー』とか言っている奥さんもみけたも鬼ですね


20150117 みけた(5)

みけた「悪かったのにゃ。ぎりぎりでよけるつもりだったけど、当たっちゃったのにゃ。今度は気をつけるからもうい­―」

みけたさん、次はもう勘弁してつかぁさい


20150117 ふく

ふく「ふぅ~、今日の犠牲者は凡太にゃあか。アイツたまにしか部屋にこれないからちょうどいいのにゃ。二度寝しよっと」

注…ふくちゃんはみけたの子守役です。みけたのいたずらで凡太よりずっと苦労しています。

ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
PageTop

シャコバサボテンが咲きました

先月の20日にこんな感じ

20141220 シャコバサボテン

だったシャコバサボテン「カミーラ」。
正月の帰省中につぼみが落ちてしまわないか心配だったのですがその心配も杞憂に終わり、



20150116 シャコバサボテン

きれいに花を咲かせてくれました。
ちょっとタグの見本写真とは色が違いすぎるような?
まあ見本写真ってそんなもんですかね?お花屋さん、タグ間違ってつけたりしてませんよね(笑)?


そしてクリスマスにもらったカランコエも満開に近くなりました


20150116 カランコエ

シクラメンも次々と花を咲かせてくれているので、外はまだまだ寒いけれど家の中は結構華やかです(*^^*)


バラやコチョウランの花は傷んできたので切ったのですが、捨てるのは惜しいけれど活けて飾るには茎が短すぎる…ということで

20150116 花

ちょうど普段使っていない器があったので少し水を入れて花を浮かべて机の上に飾ってみました
ポイポイと放り込んだだけの割には中々見栄えがして机の上が明るくなった感じがします(*^^*)

しばらくは摘み取った花を入れ替えつつ、楽しめそうです


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment2
PageTop

ペゲちゃんからの電話

いつも何だかんだと口実を作っては、可愛くて可愛くて仕方ない(笑)娘である私へと電話をかけてくるペゲちゃんですが、連日ともなるとさすがに口実がなくなるようで昨日は苦肉の策(?)で母へ電話を書けるつもりが間違ってかけてきたという風を装って電話をかけてきました(^▽^;)



20140224 ぴーたん&とよ&たろ

ぴーたん(左)「相変わらずなのにゃんね

たろ(右)「ね~っ


ですよね( *´艸`)


そんな電話の内容を無慈悲にも晒してしまいましょう



ペゲ「あ~、もしもし、○○ちゃん(母)○○ちゃん」

私「もしもしもしもし?◆◆ちゃん(私)ですよ?」(凡太、なあ代わろか?という顔でこちらを窺う)

ペゲ「アレ?なんでや?お前はええねん、○○ちゃんはどこですかいな?○○ちゃんに代わってえや」

私「(なんでかーちゃんがここにおるねん)あ~…○○ちゃんはおらんけど、凡太君やったらおるから凡太君に代わったげよか?」(私、ペゲちゃんにいたずらすることができてにっこにこ。凡太、キラキラとした笑顔で待機中)

ペゲ「なっあっいらんわアホブチッ」(ペゲ、なんで娘婿としゃべらなあかんのんじゃと焦って大声になる…そして一方的に切れた電話)

私「切れた~~~っア~~~ッハハハハッ、おもしろすぎる~~~っ∵ゞ(≧ε≦o)」(私&凡太、爆笑の渦に飲み込まれる)



20140208 ぴーたん

ぴーたん「おねえちゃん……ペゲちゃんで遊んだにゃんね?」

はい(笑)
だって、素直に「用はないけど声が聴きたかった」って言えばいいのに「お前なんかどうでもええねん」的な口調でかけてきたのもですからついからかってみたくなったんです


20140312 たろ&とめ

とめ(右)「相変わらず楽しそうでなによりなのにゃん(ヤレヤレ)

たろ(左)「どっちもどっちの似た者親子なのにゃ…凡太もアレ、本気で『もしもし~』って言うつもりで待機していたにゃんよね


こうして三池家一同の絆は保たれている(?)のであります。
家族間通話無料に感謝しなければいけないのか、余計な電話対応が増えるからうっとうしいと思うべきなのかちょっと微妙な今日この頃(笑)


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
PageTop

それはいつものこと…のはず?

あ”~…あ”、あ”あ~…んん”っ


20140318 いろは

いろは「おねえちゃん、ダミ声出してにゃにしてるの?」


いや、さっきからなんだか声がかすれてきてしまって…



20140318 いろは(2)

いろは「にゃあに、また風邪を引いたのにゃんか?」


え?風邪?いや、そんなことはないですよ?
そういえば、朝起きたとき妙に鼻水が出ましたね。
それによく考えるとノドも痛いし…これって風邪?



20140313 いろは(2)

いろは「……(どうしてそれで気づかずにいられるのかしら?)……熱、測ったらどうかしら?」


あ、はい。

(5分後)ピピピッ

あ…微熱…?
そういえば昨日の夜寝る前に頭がドクドクして寝付けなかったような…?
確かになんとなく体もだるいです。



20140313 いろは(5)

いろは「ハ~ッ…お姉ちゃんってどうしてあたし達にゃんこや周りの人間の体調の変化には敏感なのに、自分のことになると超鈍感ににゃるの?大体、ほっぺた赤くなってのぼせているじゃにゃいのよ!!」

みーこ(奥)「いろはちゃん、お姉ちゃんが自分の痛みに鈍感にゃのは今に始まったことじゃにゃいのにゃ。高校生の頃、膝を捻挫してめちゃくちゃ腫れた時も保健の先生に『これはめちゃくちゃ痛いよね?』って聞かれて『さあ…?』って答えたくらいなのよっその辺はバカにゃのよお母さんもだから遺伝ね、しょうもない所が似たもんよ


いや~…みーこちゃん、怒らないでくださいよ
でもどうしてでしょうね?
捻挫のときは「めちゃくちゃ痛い」がどの程度痛いのかがよくわからなかったから、「痛いことは痛いけど『めちゃくちゃ痛い』のか、これは?そういわれると気絶するほどでもないし大したことないのかも?」とか考えてしまったんですよ(>_<)

のどの痛みは…昔からしょっちゅう体調を崩していたので体調が悪いのに慣れすぎてそれに気づかないとか?
喉が痛いのも鼻水が出るのも私の基本設定に組み込まれている、みたいな?


20140524 いろは&みーこ(2)

いろは「そんにゃ基本設定さっさと削除にゃさい

みーこ「マッタクよ…捻挫だってその後2か月弱くらい消炎鎮痛剤を処方されて飲んでいたって言うじゃない、十分重症よね。『さあ…?』じゃにゃいわよお姉ちゃんが体調を崩すたびに心配しなきゃいけにゃいアタシたちの身にもなってほしいものだわ


はい…以後気をつけます(^▽^;)エヘッ



ねこさんや自分以外の体調の変化にはすぐ気付くんですけどね~…



ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
PageTop

サバを2枚におろすよ

凡太です。

きょうはサバを2枚おろしにします。


20150112 さば(1)


もちろん、奥さんの完璧なナビゲーションの通りに粛々と手を動かしてまいる所存であります。


20150112 さば(2)


左手が魚慣れしていないですね~。


20150112 さば(3)


よいしょ、よいしょ。




20150112 さば(4)


奥さん「こら!身をグネグネさせるな!(身が)割れる!!」

奥さん「(包丁を)手前に引くように!のこぎりみたいに動かしたらアカン!!」


ひぃぃぃっっっ

20150112 さば(5)


(正直よくわからないまま)はい、完成。


20150112 こまめ


こまめ「…う~ん……身の表面が結構汚くにゃいかな?…こんなもんにゃあか。」


20140925 いろは(1)


いろは「お世辞にもうまいとは言えないけど、凡太にそれ言うとやる気なくしちゃうの。凡太自身もうまくいかなかったと思ってるみたいだからせめて『はじめのうちはこんなもんよ』ぐらいにしてあげましょう」


ぽちっとよろしくお願いします



追記:凡太さんは「上手く二枚おろしができなかった」と残念そうにしていますが、サバの身が割れてしまったのは凡太さんが下手くそだったからではありません。
理由として
①千葉県産のサバだったこと
②鮮度があまり良くなかったこと
が挙げられます。むしろこのサバを2枚おろしにできたのは初心者としては上出来だと思います。

①についてですが、経験的に千葉県など太平洋側で獲れたサバの身はいわゆる「関サバ」で有名な九州産のサバよりも身が柔らかく割れやすいと思います。
三池商店のお客さんだったスーパーのおじさんでも「一日置いてしもうたら(〆サバにはできないけど、塩焼きや煮物には十分な鮮度)太平洋のサバは身が割れやすいからさばいたらボロボロになってしもうた…」と言っていた人もいるくらいです(「それはプロとしてどうやねん…」とそれを聞いていた魚屋仲間全員がおじさんが去って行ったあとでツッコミを入れてましたが…)。
ただし、決して誤解しないでいただきたいのはだから太平洋側のサバが劣るというわけではないということです。

魚は時期や産地が違えば味や身の質が違うのが当たり前です。
もちろん味や食感の違いによってどちらの方が好きだという好みの差はありますが、あくまでも品質が良い・悪いというわけではなくそういう特徴があるというだけのことです。
もちろん太平洋・瀬戸内海・日本海側ではそれぞれ脂ののる時期が違うので、時期によって「今はこっちのサバの方が美味しい」ということはありますよ

ちなみに私は、一番おいしい時期の千葉県産のサバと関サバどちが好きかと聞かれると千葉県産の方が好きです。
サバに限らず、もしスーパーで産地の違う魚が並んでいたら食べ比べてみてください。同じ種類でも味が違うはずですよ☆

関連記事

Comment0
PageTop

意外な躍動感

凡太です。


男子サッカーのAFCアジアカップ2015がオーストラリアで開幕しました。日本代表は12日(月・祝)にパレスチナと初戦を戦います。
AFCアジアカップは4年ごとに開催される大会でAFC(アジアサッカー協会)に加盟している国・地域の中で年齢制限なしで一番強い所を決めようぜ!って大会です。
優勝したらご褒美として、各大陸王者と前回ワールドカップ王者と次回ワールドカップ開催国であるロシアが集うコンフェデレーションズカップ2017に出場することができます。世界の強豪と戦う機会はどれだけお金を積んでも買うことはできません。
ですからアジアカップ優勝を目指して、有力国はアジアカップの優勝のために血眼になります。



20140831 みけた(1)



みけた「日本代表は勝てそうにゃあか?どーなのにゃあか?」

一応、前評判は上々で、ブックメーカーのオッズでも一番人気です。(二番人気は地元開催のオーストラリア)
過去の実績も日本はアジアカップ過去5大会で3度優勝していますし、敗れた2大会もベスト8とベスト4でした。

そもそもワールドカップにずっと出続けているAFCの加盟国は日本と韓国とオーストラリアぐらいです。

20140831 みけた(2)

みけた「ふ~ん。」

凡太がアジアカップが大好きなのは、ワールドカップ後に監督が代わって戦術が浸透しきっていないので、選手全員がとにかく走ります。ボールも選手もよく動くので、ま~とにかく点が入り試合がよく動きます。躍動感ですよ!躍動感!


20141112 みーこ(3)

みーこ「やる気のないみけたに躍動感なんか求めてもムダよ。無駄。凡太。あんたまた寝ているときにお姉ちゃんにのお腹の上に頭のっけて押し潰そうとしたんでしょ。知ってるわよ。」


そ、それは。無意識だから不可抗力ですよ…。凡太のせいじゃ…


20150111 みーこ

みーこ「反省が足りないようね。いくわよ!みーこアタック!!」



ぽちっとよろしくお願いします


関連記事

Comment0
PageTop

トコブシの話

凡太です。

年末年始に三池の家でトコブシをいただきました。

凡太の大好物です。もともと貝がとても好きなのですが、三池商店が続いているときにトコブシの値段が安かったので余ったトコブシを大量(30個ぐらい?)に食べさせてもらいファンになりました。
貝好きの凡太にとっては、お腹いっぱい貝だけ食べられるというのは強烈な体験だったのです。


20150110 トコブシ

トコブシはアワビと同じミミガイ科で、簡単に言えばちっちゃいアワビのようなものです。
写真は200グラムくらいのトコブシをレンジで加熱したものです。しょうゆなどをつけなくても充分味がします。

奥さんもペゲちゃん(義父)もアワビよりトコブシの方が甘いから好きみたいです。
凡太はお腹いっぱいむしゃむしゃ美味しく食べられたらどっちでもいいです。

アワビもトコブシも値段の上下が激しいそうで、卸値(スーパーや料理屋さんが買う値段)でトコブシは1kgあたり1,000円台~7,000円ぐらいまで上下します。
凡太がトコブシを大量に食べることができたのはとっても安かったからで、今回は年末だったので1㎏あたり7,000円だったので500gしか買えませんでした。

3月に三池家の実家に帰った時はまたトコブシを買って食べようと思います。


それでは最後にうっとりしただる~ちゃんをみて、楽しい連休をお過ごしください。


20150110 だる~

だる~「凡太兄ちゃんは美味しいものを食べるとこんな顔をしてますのにゃ」


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
PageTop

犯人はだれだ!?

ああああ”!!カバン、私のカバンがあ~ぁ(ToT)!!


20150109 さくら(1)

さくら「お姉ちゃん、五月蠅いのにゃ。どうでもいいけど『五月のハエ』って書いて『ウルサイ』にゃんて昔の人は上手く表したものよね」


どうでもよくありません~~…中身、中身は無事!?
どうしてちょっと目を離したすきに私のカバンにちっち~がかかっているんですかねえ!?
ああ~…よかった、中身は無事でした
というか誰ですか、こんなことしたのは~ぁ


この部屋のメンバーからして6ニャンジャーのうちの誰かだということは間違いないと思うのですが…



20150109 もも

もも「あたしじゃにゃいわよ。ずっとココにいたんだから…そうね、茶トラのマッカレルタビーが鞄に近づいていたのは知っているわよ」


ということは、たまちゃんとみるくちゃんは除外…ということですね。
というかこの子たちはきょうはペゲちゃんと別の部屋にいたからそもそも容疑者ですらないんですよね。


さくらちゃ~ん、あなたですか?


20150109 さくら(2)

さくら「やあね、レディーに対して随分不躾な質問じゃにゃいのそんにゃことするのは男の子に決まっているじゃにゃいのよ」


それもそう、……なのかもしれませんねえ。
では、ぼくちゃん?


20150109 ぼくちゃん

ぼくちゃん「ボク、いい子ですのにゃ。そんにゃことしませんのにゃ。レディーとか言っているけどお転婆っぷりだったらさくらの方が上ですのにゃ。」


確かに。ではもう一人の男の子、がっちゃんはどうですか?



20150109 がっちゃん

がっちゃん「ええ~?ボクだっていい子なのにゃんよ?そもそも『茶トラのマッカレルタビーだった』っていうももちゃんの証言を証明できるのですかにゃ?」


そうなんですよね…う”~ん…(-"-)
誰なんでしょうね、本当に。


犯人が誰かはどうでもいいんですが、このカバンは布製だったものでにおいが染みついてもう使えませんね。
ちょうど過度のところが擦り切れて破れてきていたので買い替えることにしましょうか。


というわけで数年ぶりに新しい肩掛けカバンを買いました。
実家に予備のカバンがなかったので、とりあえず間に合わせに安物を近所のスーパーで買ったのですがこれが皮の割に軽くて使い勝手もなかなかよく気に入っています。見た目も1980円には見えませんし(しかも割引券を使って買ったので3割引きくらいになった)
最初は他にいいカバンがあればよそで買い直そうと思っていたのですが、当分はこのカバンを使おうと思います(*^^*)


ちっち~をかけられたことに気付いたときは焦りましたが、貧乏性で中々カバンを買い替える決心がつかなかった私にいいきっかけをくれたと思います
そして次はかけられないように6ニャンジャーの部屋の中に持ち込んで置いたままにしておくのはやめようと思います(>_<)


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
PageTop

待っていたのに

凡太さん、そんなところで寝ていたら風邪をひきますよ。ちゃんと布団に入ってください。

凡太「ん~お布団…(モゾモゾ)

ちょっと、そっちは私が使う予定の布団じゃないですか…凡太さん、凡太さ~ん。
ダメですね、凡太さん寝ぼけているからもう他の布団に移ってくれそうにありません(-_-;)
足元にぷーちゃんがいるから蹴らないように気を付けて布団に入ってくださいよ~


20150106 ぷー(1)

ぷー「ちょっと、コレはどういうことなのにゃんか?説明を求めるとともに、厳重に抗議しますのにゃ!!


うわ~…ぷーちゃんが最大級のしかめっ面に…(・_・;)
これはちょっと、かなり機嫌を損ねたかも



20150108 ぷー&こまめ

ぷー「ちょっとこまめ、アンタも何か言いにゃさいよ。昨日・一昨日とお姉ちゃんはこの布団で寝ていたわ。だからあたしたちはお姉ちゃんと一緒にねんねしようとあらかじめこの布団の上に乗ってお姉ちゃんがお風呂から上がるのを待っていた…そうよね?」

こまめ「そうなのにゃ、お姉ちゃんが布団に入ってからだと他の子に先にお姉ちゃんを取られてしまいますのにゃ。それなのになんで凡太が入ってきたのですかにゃ?」


待っていてくれたのはとっても嬉しいんですが凡太さんがその布団に潜り込んでしまったので、私は今日はたろちゃん&ぴーたんたちのところで寝ようと思います…


20150108 ぷー&こまめ()

こまめ「え!?ボクたちと一緒にねんねしないのにゃんか!!いっちゃうのにゃんか!?」

ぷー「ったく…それもこれも凡太が寝ぼけてこの布団にお姉ちゃんより先に潜りこんでくるからよせっかく待っていたのにやってらんにゃいわ


すみませんねえ(^▽^;)
では、おやすみなさ~い…


翌朝起きた凡太さんの額にはねこさんの爪でできた傷がありました。
怒ったぷーちゃんが夜中に意図的にねこパンチをかましたのかどうか…それは神ならぬぷーちゃんのみぞ知る…のです。


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
PageTop

凡太、みけたで遊ぶ

お気に入りのみけたちゃんが膝の上に乗ってきてくれたのでうれしくて仕方がない凡太さんはみけたちゃんを弄繰り回すことにしたようです。


凡太「みけた~~みけた~~カワイイな~」

20150107 みけた(1)

みけた「エヘ、お兄ちゃんのナデナデなのにゃ


おやおや、二人とも幸せそうですねえ(*^^*)


凡太「モフモフ~ぅ

20150107 みけた(2)

みけた「ん~…そこそこ~ぉ


何とも微笑ましい光景ですねえ(^-^)



凡太「牛~

20150107 みけた(3)

みけた「んお兄ちゃん、後ろで何してるのにゃん?」


ああ…凡太さんが意味わからん遊びを始めた(^▽^;)


凡太「じゃじゃ~ん

20150107 みけた(4)

みけた「…お兄ちゃん、何がしたいのにゃんか…」


えっと…さっきのは牛…これは何でしょうかねえ


20150107 みーこ(1)

みーこ「形から類推するとカニかしら?でも、カニって足3本ずつじゃにゃいわよね…両方で6本だったら昆虫だけど凡太は昆虫そんにゃに詳しくないわよね。やっぱりカニなのかしら…でも凡太のことだから何かもっと違うものにゃのかも…正直予想がつかないわ


凡太「ヒツジで~す

20150107 みけた(5)

みけた「ボク見えにゃいんだけど…きっとにゃんか違うって気がするのにゃ



20150107 みーこ(2)

みーこ「『にゃんか違う』どころじゃないわ…何をどう見たらヒツジなの…


凡太さんに聞いたところ、広がっている指は…巻いている角で、わっかに意味はない…らしいです。
長年の交流がある私でも、何をどう見たらヒツジになるのか全くわかりません
分かった方、いらっしゃいますか?

ぽちっとよろしくお願いします


関連記事

Comment0
PageTop

誕生日プレゼント

初詣に行った時のことです。
どうもペゲちゃんが並んでいる屋台をキョロキョロと見回して不審な行動をとっていました。
そして、「昔はようけあったのに、最近はガラス細工の店がないなあ…」とつぶやているのです。

ガラス細工の店が姿を消してもう数年になるので、今になって急に何を言い出したのだろうと不思議に思っていました。

そして、毎年買うところで破魔矢を買い今年の初もうでも無事に終了した、さあ帰ろうと母と凡太さんは一足先に出口の方へ歩いて行ったのです。
ところがいつもなら一番先にさっさと帰宅しようとするペゲちゃんがじっと目の前に並べられているものを見つめたまま佇んでいるのです。
不思議に思った私はペゲちゃんに近づいていきました。


私「どないしたん?」

ペゲ「なあ、コレもガラス細工も大して変わらんわなあ?」

私「ん?まあ、そうやなあ。同じようにキラキラしとるし大きさも一緒くらいやし…?」

ペゲ「ババ(母のこと)、もうすぐ誕生日やろ?」

私「(ナルホド、それで朝からガラス細工言うとったんか)それやったらこれがええんとちゃう?父ちゃんの好きな勾玉やし、こっちの方がヒツジの顔がカワイイで」←父は考古学ファンでカワイイモノ好きだ

ペゲ「そうか、ほなコレにしょう」



20141112 みーこ(2)

みーこ「………ヤリでも降ってくるんじゃにゃいの?それとも嵐が来るかしら?それとも真冬に真夏日が………?」

みーこちゃんもそう思いますよね、あのペゲちゃんが母に誕生日プレゼントだなんて(笑)


その場では不思議そうに「どうしたん?」と聞いてきた母に二人で「内緒~♪」とごまかし、家に帰った後でペゲちゃんがゴソゴソと取り出しました。


ペゲ「ん。コレ、やる。もうすぐ、ババ、誕生日やろ」←カタコトの外人さんかい(笑)

母「ほうぅ誕生日プレゼントかいな。こんなんもらったん30年以上たつけどはじめてやな。ありがとうよ(*^^*)」

私「うちらからも誕生日プレゼントあげるからな(^-^)」

母「はいよ、ありがとうよ(*^^*)」

ペゲ「これから毎年コレ買うたるわ」

母「あらまあ、そりゃ楽しみじゃ」

というわけで無事に母の手に渡ったペゲちゃんからの初めてのプレゼントがなんだったのかというと…



20150106 誕生日プレゼント


干支のお守りストラップです(*^^*)
まあ、なんとカワイイんでしょう
さっそく母は携帯に着けていました。



20140715 ぽん(1)

ぽん「ペゲちゃんがコレを買ったのにゃんか…寿命が近いんじゃあ…」

これこれ、ぽんちゃん(^▽^;)
まあ言いたくなる気持ちはわかりますけどね(笑)

ちなみに私と凡太さんから母への誕生日プレゼントはケーキ(百貨店で買った)と、服(母と買いに行った)と、美容室三池の開業(母の髪の毛を切ってあげた)でした。
私は美容師ではありませんので美容師三池は家族限定の開業です(^-^)


最近、ペゲちゃんが母に今までだったら絶対にしなかった親切をするようになったと母が言っていました。
テレビのワイドショーなんかで熟年離婚特集がしょっちゅう組まれている昨今です。
情報に影響されやすいペゲちゃんはそうなっては堪らんと思っているのかもしれませんね。
まあ両親の仲がいいことは何よりですね。


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
PageTop

実家から帰ってきて…

凡太です。

「三池凡太の記録箱」は主に、凡太の奥さんの実家にいるねこさんの写真を基に作っております。

凡太と奥さんが住んでいる家にはねこさんがいません。

昨夜遅く年末年始の帰省から帰ってきましたが、猫が一匹もいない自宅で寝転びながら「ねこ寄ってこねぇかなぁ」と思います。



20140122 ふく&みけた&だる~


だる~(中央)「ぼくたち、凡太お兄ちゃんが寝転んでる時に寄ってったりしないよね」

ふく(右)「みけた、だる~を止めないと。凡太が血の涙を流すのにゃ」

みけた(左)「凡太兄ちゃんおっきいから邪魔なのにゃ。ボク、ほんとはお姉ちゃんのとこに行きたいのに」



20140519 みけた(1)

みけた「というのは冗談で、座っている凡太兄ちゃんの膝に乗ってあげます。凡太兄ちゃんはとても喜んでくれてちょろいです。でも、寝ている凡太兄ちゃんは寝返りを打つので近寄れません。だからボクはおかーさんとお姉ちゃんの枕のそばで寝ています。凡太兄ちゃんはそれが不満のようです。」


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
PageTop

2015年の目標

凡太です。

あけましておめでとうございます。

寝転がっている状態のまま届きそうで届かない距離のティッシュペーパーを肩から先を全部ねじって体を伸ばして取ったら、肘関節が悲鳴を上げました。

20131008 たろ(3)

たろ「年末年始からなにをやっているにゃあか?」


柔軟性が失われ、筋肉がついているんですね。少しずつ体が変わっているんだなって思います。

2015年の目標:むやみに関節をひねらない

でいこうと思います。

20140108 たろ(1)


たろ「(コイツ、去年から何も進歩してないのにゃ…。体は変わりつつあるけど、頭が残念な感じのままなのにゃ)」


さぁ、2015年も頑張っていきますよ!三池家のねこさんたち!

20141224 みーこ

みーこ「凡太に関しては、今年もやってらんにゃいわね…」


ぽちっとよろしくお願いします


関連記事

Comment0
PageTop

あけましておめでとうございます

20140402 みーこ(3)

みにゃさま、



20140811 ぽん(3)

新年


20140929 ぷー(1)

明けまして



20140101 こまめ

おめでとうございます



20140224 たろ

本年も



20140228 ぴーたん

よろしくお願いします



20140606 とも(1)

なのにゃん




ふく「えっと…上からみーこちゃん、ぽんちゃん、ぷーちゃん、こまめちゃん、たろちゃん、ぴーたんちゃん、ともちゃんなのにゃんね」

みけた「ねえ、『とっぷあいどる』のボクがどうして新年のご挨拶に登場出来にゃいのここはやっぱりボクの出番なんじゃにゃいの

とらぼん「三池家に来た順番にゃんだって。だから僕たちは来年の新年のあいさつまで待ってろってお姉ちゃんが言っていましたのにゃ」

とめ「年が明けたばっかりにゃのに来年の話にゃんて鬼が笑うのにゃ」

だる~「鬼ってどんにゃ笑い声かにゃ?」

いろは「…あんたたち…ま、お姉ちゃんがブログを来年までちゃんと続けていたら来年はあたしたちの番ね」

とよ「いろは姉ちゃん、このブログ(三池凡太の記録箱)を続けるかどうかはやっぱりお姉ちゃんの肩にかかっているのにゃんね…」

6ニャンジャーー「「「「「「もしかしてボク(あたし)達ってその次になるんじゃにゃいの」」」」」」



おや、6ニャンジャーの皆さん…今日は揃って察しがいいではありませんか。これは幸先がいいですね(笑)
(『6ニャンジャー』とはなんぞや?と思った方はこちらをどうぞ➡5にゃレンジャー、プラス1!?、)



今年ものんびりのほほんと日々の出来事やねこさん達の心の声をお届けしていきたいと思います。
もちろん6ニャンジャーたちがそろって新年のあいさつができるまで毎日コツコツと続けていくつもりです。


皆様、本年もよろしくお願いいたします。



ぽちっとよろしくお願いします



追伸:今年も120回ぐらいの更新を頑張ります!他は奥さんとねこさんに頑張ってもらいます! ~三池凡太~

関連記事

Comment0
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。