三池凡太の記録箱

ねことクイズと草いじりを愛する夫婦の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

パッションフルーツの植え替え

無事に冬を越し、ここしばらくの暖かさで新芽が伸び始めたパッションフルーツ。
小さな種からよくここまで育ってくれたものです(*^^*)


20150331 パッションフルーツ(1)


育ってくれたのはいいのですが、このままでは窮屈だろうということで大きな鉢に植え替えることにしました。


ちなみに発芽した時の写真がこれ。2013年8月です。

20130808 パッションフルーツ

そして2014年7月の写真がこれ。

20140713 マンゴー パッションフルーツ


パッションフルーツは3株あるのですが、同じ一つの実からとった種から育てたというのに一株ずつ葉っぱが違うのです。


20150331 パッションフルーツ(2)

一番よく育っているのはこの葉っぱの持ち主。
最初から他の株より成長も早かったのです。葉っぱは柔らかくてのっぺりしています。


20150331 パッションフルーツ(3)

この株は最初は小さくて頼りない葉っぱしかつけなかったのですが、最近急にグングン伸びだしました。
他の2株に比べて色が濃く、巻きひげも太くて長いのが特徴です。
葉っぱの周りがうねっています。フリンジですね。



20150331 パッションフルーツ(4)

この株は成長の速さはちょうど中間くらいです。
そして葉っぱが全体的にうねっています。


さて、ぐるぐる巻きになっていたつるを一本ずつ丁寧に外して新しい植木鉢に植え替え、支柱を立て、また巻き直したものがこちらです。

20150331 パッションフルーツ(5)


この支柱、どこまで高さがあるのかというと・・・・・・


20150331 パッションフルーツ(6)

じゃーん!!
私の身長より高いです。
え?どうしてこんなに高い支柱を立てたのかって?
そりゃあもちろん、ここまで育ってほしいからですよ
そしてあわよくば花が咲いて実がなってくれたりなんかしないかな~・・・・・・という私の希望がこの高さに込められているのです!!
ちなみに手前に置かれている小さな鉢に植えられているのはパイナップルです。
今回パッションフルーツを抜いた植木鉢(つまり一回り大きい植木鉢)に植え替える予定です。


最近は毎日パッションフルーツに向かって「大きく育てよ~、花を見せておくれ~、出来たら実を食べさせておくれ~」と囁いています。
暗示にかかって花が咲いたりしませんかね(笑)


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事
スポンサーサイト

Comment0
PageTop

ホームセンターの仕掛けたワナ

昨日パッションフルーツを植え替えるために鉢と土を買おうと凡太さんと一緒に近所のホームセンターに行ったのですが、入り口付近で私の目にあるものが飛び込んできたのです。
私はフラフラとそちらへ引き寄せられ、凡太さんの「買ってええよ」の一声にいそいそと商品を手に取って必要なものを買い揃え、ニコニコ顔でレジに並んでしまいました。


ええ、ホームセンターの罠にまんまとかかったのです。
だって、しょうがないじゃないですか。
「お買い得まとめて300円」なんて書かれたの苗が売られていたら、手も伸びようというものです。


で、まとめて300円で家に連れ帰ってきたおさんたちがこちらです。


20150330 花(1)

まずはマーガレット「スプリングブーケ」。色が変化するんだとか。確かに、黄色っぽいとピンクがかったと両方咲いてますね。咲き始めは黄色のようです。


20150330 花(2)

バーベナ。白い花が清楚で可憐で…いいですね


20150330 花(3)

デージー。ちょっと葉っぱの色が悪いけど、つぼみはついているので植え替えればまだ咲いてくれそうです。


20150330 花(4)

肥後スミレロベリア
いや、スミレの苗288円+税ってほとんどこれで元が取れてるじゃないですか(^▽^;)
スミレは種ができているのでこれをとって蒔けば・・・フッフッフ・・・←よせばいいのに蒔きすぎて、苗ができすぎて困っている自分が想像できる
ロベリアは写真ではわかりにくいですがわっさわさ茂っているので可及的速やかに植え替えないと蒸れて苗が傷んでしまいそうです


20150330 花(5)

右はマリーゴールドですね。
一度花が咲いた部分を剪定した跡があります。が、こちらもつぼみができているので花がそのうち咲くでしょう。
左が何という花なのかわからないのです・・・・・・う~ん、葉っぱも茎も見たことがあるんですけどね(>_<)
何だったかな(?_?)ま、花が咲けばわかるかな?



ということで以上7種類も300円の袋に入っていたのでした!!

そう、つまりこれらを植え付けるために植木鉢やら土やらを買うことになるということ・・・・・・
くそう、ホームセンターめ。
売れ残った花を特売することで他の物を売ろうという商魂たくましさ!!
わかっちゃいるけど安売りされているのを見たら買いたくなるのが花好きの性というものです。
仕方ありません。
こうして三池家の窓際はどんどん緑で埋め尽くされていくのです・・・・・・


20140208 ぴーたん

ぴーたん「で、肝心のパッションフルーツの植え替えはどうなったにゃんか?そもそもの目的は植え替えるための鉢を買いに行くことだったんでしょう?」

あ、ちゃんと植え替えましたよ(^-^)
パッションフルーツの様子はまた明日紹介しようと思います。
こちらもぐんぐん育っているんです!!


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
, マーガレット, デージー, 肥後スミレ, バーベナ, マリーゴールド, ロベリア,
PageTop

凡太は走る (後編)

凡太です。

昨日のエントリの続きです。

駅伝大会は平日の昼休みに行われます。

作戦その1:汗だくの状態で走る

駅伝の参加者は昼のチャイムと同時にダッシュで着替えて、自分の走る中継地点まで移動です。その際に凡太は実際に走る服の上に上下の雨合羽を着ていきました。(当日の天気は曇り)

中継地点に行って、受付を済ませてもタスキの受け渡しが行われるまで15分近くあるので待ち時間がかなりあります。
走る格好で中継地点に行くより、分厚い上着を持って行ってウォーミングアップを直前までする方が絶対にいいんです。


凡太が走る約1kmの区間は部署で足がとても速い入社1~3年目の人たちばかりが走ります。社内独特のルールに疎い彼らは寒い中10分以上待たなければならないことなんて知りません。
加えて駅伝当日は最高気温が5℃・風速3~5mの予報かつ、朝は雪がちらついていたので、相当寒かったんです。
というわけでほとんどの人が「さみー、さみー」と言って待っている間に凡太はぴょんぴょん跳ねて汗ばむまで体を温めていました。


作戦その2:助っ人をお願いする

体を温めていると駅伝がスタートされました。凡太の部署は30代以下が4人しかいないので、部署が違う凡太の同期に助っ人をお願いしていました。部署別対抗なので、助っ人を入れまくると「駅伝を走って部署の連帯感を高める」という趣旨に反するため2名だけです。

助っ人はたま~に体を動かす20代ですが、全然それでいいんです。全く体を動かさない20代よりは走力が違います。ちなみに、定期的に体を動かしている20代はすでにエントリーされています。

1番長い1区は新入社員(元陸上部・中距離専門)が走ってくれるので、上位でタスキが渡せます。
残りの全員でその貯金をゆっくり使い果たせば、最下位にはならずに済むだろうと考えていました。



そんなこんなで、全体の順位の真ん中ぐらいで凡太のゼッケン番号が呼ばれました。
あとは凡太が粘って走れば、昨年の大惨事は避けられそうです。緊張していますが、少しワクワクしたりします。

同じタイミングでゼッケンを呼ばれた人をチラリと見ると、高卒1~2年目ぐらいの年齢でスポーツシャツとジャージを着なれた感じです。つまり、凡太と比べて若いし、相当速い。自分の実力を過信せずにゆっくり走ろうと思いました。



助っ人の同期2号が後ろに抜かれそうになりながら転がるように走ってきます。
「すまん、ダメだった」と謝る同期2号の肩を『大丈夫』という意味を込めて2度たたいて凡太が走ります。

ところが凡太の体が温まっているので、いきなりポーンと飛び出してしまいました。後ろに2人いるはずなのに、足音も聞こえないのでひやりとしました。危ないと思い、一旦ペースを下げます。
そうしたら、すぐに2人に抜かれます。一瞬、並走してもいいかなとも思いますが、持ちタイムでは凡太が遅いからやめておこうと思い直しました。このままのペースで行こう、と。後半に急激なペースダウンさえしなければ4,5人に抜かれてもいいんです。助っ人のおかげで順位に余裕はあるから、無理に競る必要はないんです。

半分ぐらい走ったところでさらに1人抜かれ、かなりきつくなってきました。ゆっくり走っていたつもりが緊張のせいで疲れるのが早いのでしょうか。胃から何かが出てくるようなむかつきも感じ、一瞬「うっ」となりました。

気持ち悪いから息を止めたいけど、息を止めたら走れない。あと何mだ?とにかく歩きたい…。前回の後輩君はこんな気持ちになったんだろうなぁ、大変だったろうなぁとかいろんなことが頭をよぎりました。

歩いたら、ここまでの苦労が台無しになる。練習したんだから、耐えろ!と走りながら、自分を励まし続けました。

最後の方はほとんど覚えていません。次に走る人が見えたとき、もう少しだと思うんですが足が動いていないのでなかなか姿が大きくならずにすごい混乱しました。そしてさらに二人抜かれました。抜かれてばかりで泣きそうになったんですが何とか走り切りました。

タスキを渡して、そのまま地面に転がって倒れこみました。凡太が倒れるまでは、地面に倒れこむ人はいなかったのですが後から来る人は凡太と同じように倒れてばっかりでした。

少し早目に倒れこんだ分、回復も早かった凡太でしたが、倒れ込んでいる人たちを見て、この人たちも走らざるを得ない状況だったんだろうなぁーと思うと少し同情しました。部署に新入社員が入ってこなかったら、来年も同じ距離走らなきゃいけないですもん。凡太も倒れこんでいる人たちも。

今回は作戦が役に立たなかった、やはり走力をもっと上げなければ…そのためには練習の頻度を増やさないと…助っ人も大事だな。などと反省しつつ、社員食堂でうどんをすすり普通に午後も仕事をした凡太を自分は褒めたいです。

ちなみに順位は約40チーム中、最下位より8つ上でした。毎年最下位かブービーでしたので6年ぶりぐらいの快挙です。

来年はもうちょっと走りこんで2,3人抜かれぐらいで済めばいいなと思います。

以上、備忘録代わりに書いておきました。お付き合いいただきありがとうございました。

ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
PageTop

凡太は走る (前編)

凡太です。

今月は社内の駅伝大会を走りました。

凡太が必死に走ったのは、理由があります。

ここ数年、駅伝大会は雨で中止だったのですが、凡太の部署が出場した時に後輩君(20代前半)が「大ブレーキ」でなってしまい、真ん中ぐらいにいたのにぶっちぎりの最下位になりました。
タスキの中継地点では後輩君だけ到着しないので、まさか途中で転んで怪我でもしたのではないかと心配したのですが、テロテロ走ってきました。

後輩君からタスキをもらったエライ人が「くっそー!!!!」と叫びながら走って行きました。社内の駅伝ですから距離が短く(数百m刻み)のため、エライ人が頑張っても挽回できませんでした。
結局、アンカー(叫んだ人よりもっともっとエライ人)も最下位のまま最後はみんなに生温かい拍手で迎えられてゴールする残念な結果に終わりました。

その後の職場の雰囲気たるや…。
(その時の凡太は走らずに運営スタッフ(?)的なことをやっていた気がします。)

そして時は流れ、後輩君も異動して代わりに凡太が後輩君が走った長い区間を走ることになったのです。

20150221 だる~


だる~「ところで、後輩君は何キロ走ったにゃあか?」

約1kmです。この距離だとマラソン選手(男子)ですと3分のペースで走りますし、ちょっと体力がある男性だと4分弱ぐらいで走り切ってしまいます。運動不足の男性でも20代前半なら5分ぐらいでしょうねぇ。

というわけで、後輩君と同じくらい足の遅い凡太は秋から少しずつ走るように鍛えておきました。

ゆっくりでいいのでとにかく減速せずに1km毎週走りました。

ベンチプレスをして、わき腹を痛めてしまったりしましたが、毎週のように走って少しずつスピードを上げていきました。

満足のいく練習を積めましたが、それでも凡太は同じ区間の走者と比べて持ちタイムが遅いのはわかっていました。

ここ数年開催されていなくとも、誰が出場するかわからなくとも、走力が劣っているのがわかるぐらい凡太は足が遅いのです。

ぶっちぎりの最下位を避けるために、作戦を考えるのが好きな凡太は打てる限りの手は打っておき、そんなこんなで駅伝大会の当日を迎えたのです。

明日に続きます。

ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
ねこ, だる~,
PageTop

何を食べた?

今朝の出来事です。

(そうや、昨日凡太さん飲み会やったから、夕飯のメニューが昨日と同じになったらかわいそうや。昨日何食べたか聞いとかな)


20150326 たろ(1)

たろ「そういえばお姉ちゃん、昨日は一人でお夕飯だったのにゃんね・・・」


私「なあ、昨日の夕飯何食べてきたん?」

凡太「キャベツ」←思い出すのが嫌という顔

私「え(キャベツってキャベツ料理ってことか?ロールキャベツとか・・・?でもその割にはなんかめっちゃいやそうな顔してるなあ)」

凡太「だから、キャベツ。最初にキャベツが出てきてんけど、○○さん(凡太よりエライ人)が『ちゃんと野菜を食べないとね』とか言ってキャベツ追加で頼んで大量にキャベツ食ってん。めっちゃおなか冷えて大変やったわなんでみんな平気なんや・・・わからん


20150326 たろ(2)

たろ「ああ~、凡太っておなか弱いもんね。ちょっとかわいそうなのにゃ」


私「う・・・うん(生のキャベツってことか。しかも大量・・・?サラダってことかな?まさかキャベツの千切り大盛りなわけないよな?)キャベツの他には何食べたん?」

凡太「え?餃子とかいろいろ食べたけどキャベツの印象が強すぎてキャベツしか思い浮かばへん(-"-)」←それはそれは嫌そうな顔をしている

私「そ、そうか(なんか思い出させるのかわいそうになってきた)えっと、夕飯が昨日のとかぶったら悪いと思って聞いてんけど、かに玉でええかな(-_-;)?」

凡太「うん♪かに玉好き(*^-^*)」

私「そうかよかった(あ、かに玉って聞いたとたんに機嫌治った。よかった)」


20150326 たろ(3)

たろ「ボクが凡太に聞いたところによると本当にキャベツの千切りだけだったらしいのにゃ。ドレッシングはいっぱいあったんだって。キャベツのおかわりを注文した人は酔っぱらっていたのですにゃ」


何でしょうね、キャベツばっかりむしゃむしゃ食べているとウサギとか青虫になった気分になる時ってありますよね。



20150326 たろ(4)

たろ「ボク草食動物じゃないからキャベツのおいしさがわかりませんのにゃ。凡太もウサギさんだったらキャベツばかりでも幸せだったのかにゃ?」


いや、ウサギさんでもさすがにキャベツばっかりはよくないんじゃないですかね
最近できたお店だったらしいんですけど、キャベツの千切りを追加注文ってお店の人も初めてだったらしくて戸惑っていたらしいです。
わざわざ店長さんに確認しに行ってくれたとか。
お酒が飲めないので素面だった凡太さんはそれを見ていて、いたたまれない気分だったそうです(^-^;



ぽちっとよろしくお願いします


関連記事

Comment0
ねこ, たろ,
PageTop

結婚披露パーティーの装花

先日、凡太さんと二人で中学・高校時代の友人の結婚披露パーティーに出席してきました。
初めて会費制の披露宴に参加したのと受付係をしたので、戸惑うことも多かったのですが楽しいひと時を過ごすことができました。

今日はその時に撮ってきた装花の写真です。
結婚式や披露宴に行って一番の楽しみというと、料理もいいのですが私の場合は会場の装飾や装花なのです。


20150325 装花(1)

まずは入口から入ってすぐのところにでーんと置かれていたこれから。
ユリ、デージー、カーネーション、ストック・・・・・・春っぽい色でいいですね(*^^*)

私が受付係で忙しかったので今回写真は全部凡太さんが撮ってくれました。


凡太さんは特に白い花が好きなので、ユリの花のアップも撮っていたようです。


20150325 装花(2)


切り花にして飾られるユリは葯(おしべの先の花粉が入っている部分)を全部とってありますよね。
実は私はこの葯をとっていない状態のユリの方が好きです。
葯がないと何となく色的にも寂しい気がしてしまいます。まあ、ユリの場合は仕方ないですけどね・・・


20150325 装花(3)


テーブルの上の装花。

20150325 ブーケ

花嫁さんのブーケ。

装花とブーケ、今気づいたのですがテーブル装花とブーケは同じ色合いの花を使って統一感を出していたんですね。
当日は全く気付きませんでした・・・
華やかで眺める分にはとってもきれいなこのブーケ、すごく重たいと花嫁さんが言っていました。


20150325.jpg


壁のライトも結婚式場って凝っていますよね。
でも、このライトを見て一番最初に
「あ、この垂れ下がっているヤツうちの子たちが見たら喜んで遊ぶだろうな壁もよじ登りそうそして30秒で破壊するな、ウン(・_・;)」
なんて思ってしまった私は重度のねこバカです。間違いありません。


ぽちっとよろしくお願いします




関連記事

Comment0
PageTop

マルアジの刺身とカキ

さて本日は昨日の予告通りカキを夕飯にしました。


20150324 カキ


カキだけだと大きさが伝わりにくいかと思って携帯電話を横においてみました。
どうですか?大きなカキでしょう?
ちなみに凡太さんが7個、私は3個食べました



そして、マルアジのお刺身です。

20150324 マルアジ


お刺身になった状態のマルアジさん。これで一人分です。
お値段何と、120円!!いや、安い、ウマイ、最高ですね(*^^*)
初めは焼き物にするつもりでさばいていたんですが、頭をはずしたところ思っていたよりも鮮度が良く身の状態が良かったので急きょ刺身に変更しました。



これがさばかれる前のマルアジさんです。


20150324 マルアジ(1)



ちなみによくスーパーでお刺身用に売られているのはマアジ、安売りで焼き用に売られているのがマルアジのことが多いですね。
マアジの方がマルアジより確かに味に癖はないと思うのですが、私としてはどうしてマアジとマルアジの間にこんなに値段に差をつけるのか全くもって納得いかないというくらいマルアジもおいしいのです。


美味しさの割に値段の評価が低い、言い換えるとお買い得なおということでしょうか(*^^*)
ただ私が生まれ育った市場では毎日のように入荷があったのですが、今住んでいる地域(関西ではありません)ではスーパーで目にする機会が関西にいたころより少ないのでもしかすると地域によってスーパーに並ぶ頻度には差があるなのかもしれません。



この回で凡太さんがさばいたのがマアジです(➡刺身に挑戦!)。
その時のマアジの写真がこちらです。

20140622 アジ(1)


マルアジもマアジもマッタク同じに見えるわ!!と思うかもしれませんが大丈夫です、私が写真を間違えたわけではありません。
よ~く見ると違うんです。さあ、どこが違うと思いますか?


まずは、体型が違います。
関西ではマアジは「ヒラアジ」と言われていました。
その名の通り、マルアジに比べて幅が広く平べったいのです。逆に言うとマアジに比べて棒状に近い丸太のような体型なのでマルアジというとも言えます。

次に体の色です。
これはの棲んでいる地域によって多少の違いが出てきますが、基本的にはマルアジの方が青みが強いです。このためマルアジを「アオアジ」と呼ぶ地域もあります。


三つめは側線の曲がりはじめている位置とでも言えばいいでしょうか。
マアジはマルアジに比べて側線が頭よりの所で曲がっています。そしてカーブが急です。
なので胸鰭の先がマアジは側線の頭側から見て二つ目のカーブの近くまで届いていますが、マルアジは胸鰭の先は頭の方から見て一つ目のカーブの所にも届いていません。


他にも細かい違いはあるのですが、この写真では伝わりにくいので割愛します。
マメアジやコアジとして売られているのはマアジの子供です。


ここからは個人的な意見になりますが、味の違いはあるのかというとマアジの方が癖がなくて上品な味と言えると思います。なので脂がのっていない時期でも刺身にしてもそれなりに食べられると思います(私は脂ののっていない時期にはアジを生では食べません)。
食感に関しては刺身にするとマアジ時の方が少しコリコリ感が強いと思います。
なので青独特の風味が苦手な方は間合いの方が美味しいと感じるかもしれません。

マルアジはマアジに比べると癖が少しあり、脂ののっていない時期のお刺身はあまりおいしいと言えません。
ただ、脂がのるとこれが同じなのかと思うくらい刺身もおいしくなります!!
アジがマアジに近くなると言えるかもしれません。
味に癖がある分しっかりとした味わいになるとでも言いましょうか。

では、焼くとどうなのかというとマアジはさっくりとした感じに、マルアジはマアジに比べてしっとりとした感じになります。
私は青魚が好きなので焼き物にする場合はマアジよりもマルアジの方が好きです。
でも、生寿司にするならマアジの方が好きです。


とは言えふつうはマルアジもマアジもあまり差を感じないようで、凡太さんは今日食べたアジがマルアジである(マアジではない)ということに気づいていませんでした。
強いて言うならいつもよりちょっとねっとりしているな、と思ったそうです。


私は脂がのっていない時期は刺身にはしないと書きましたが、ではどうするかというとムニエルや唐揚げなど油を使う料理にして脂分を足して食べるのです。
逆に脂がのりすぎでいる時期にはムニエルや唐揚げなどにすると脂っこくなりすぎるので、塩焼きにして油を少し落として食べます。
これはどんな魚にも言えることですが脂がのっていない時期の魚は油を使う料理、乗りすぎている時期には脂を落とす料理にすると美味しく食べられると思います。

ああ、青魚の話になると止まりませんね今日はこの辺にしましょう。
マルアジとマアジ、皆さんはどちらをよく食べますか~?


ぽちっとよろしくお願いします


関連記事

Comment0
,
PageTop

カンパチの写真出してよ byみけた

凡太です。

この週末は、夫婦で結婚パーティーに出席してきました。
凡太は仕事があるので、日曜に帰宅。一夜明けて奥さんが帰ってきました。

こういうときはささっと作れるもの、ということでカンパチの刺身です。

20150323 みけた(1)



みけた「ねぇ、カンパチの写真だしてよ」



20150323 みけた(2)



みけた「ねぇってば。写真一枚もないの?もしかして撮る前に食べちゃったの??」



20150323 みけた(3)


みけた「撮る前に食べちゃったな、こりゃ。間違いないよ」

むしゃむしゃ食べちゃいました。すみません。。。

明日は焼きガキなので、そっちは忘れずに写真を撮っておこうと思います。


ぽちっとよろしくお願いします


関連記事

Comment0
ねこ, みけた,
PageTop

ショーンくん、絶体絶命!?

お正月の出来事です。

ひつじ年ということで(?)貰った「ひつじのショーン」くん。(人間用のぬいぐるみです)
ちょっとサイズが小さいからどこに飾ろうかな~?なんて考えながらとりあえずねこさん達に「見て見て~」と見せる私。


さあみなさん、新しいお友達ですよ~仲良くしてあげてくださいね


20150321 いろは(1)

いろは「くんくん、アンタ誰?」

(あ、どうもショーンといいます)

おお、おもちゃにはあまり自分から近寄ってこない(洗濯ばさみとかカーテンとかおもちゃ以外で遊ぶのが好き)いろはちゃんが最初にショーン君に近寄ってきました。
ま、いろはちゃんならボロボロにすることもないだろうと暖かく見守っていると


20150321 いろは(2)

いろは「おりゃっ(バシッ)

(よろしく・・・ぎゃぁっ)




20150321 いろは(3)

いろは「ふんっ(ガブッ)

(ヒィッ)

い、いろはちゃんが



20150321 いろは(4)

いろは「とぅっおりゃ~ぁ~っ


ぬいぐるみで遊んでるっ

か~わ~い~い~

(ちょっと、そこのニンゲン!!助けろよ)



20150321 いろは(5)

いろは「ていていていてい~~

よし、このぬいぐるみはねこさんの遊び道具にしよう!!
そうだ、それがいい

(イ゛ヤ゛)


ショーンくんもすっかり三池家の一員ですね~。
めでたしめでたし、ってやつですね。

(めでたくない!!)

ん、何かきこえてきましたかね
気のせいですよね~


こうして三池家の平和な夜は更けていくのであった。
あわれ、ショーンの運命や如何に!!


ぽちっとよろしくお願いします


関連記事

Comment0
ねこ, いろは,
PageTop

ギュウギュウがいいんです

何だかこんもり膨らんでいるねこさん用お座布団をめくってみると、あらとらぼんちゃんこんにちは(*^^*)

20150320 とらぼん

とらぼん「もう、気持ちよくねんねしてるのに邪魔しないでなのにゃ


ん?とらぼんちゃんだけかと思ったらよく見ると・・・・・・


20150320 とらぼん&こまめ

奥にこまめちゃん発見(よく見ると上の写真にもこまめちゃんが写っています)

こまめ「何にゃ?頭の上が急に軽くなったのにゃ」

とらぼん「お姉ちゃんがめくったのにゃんよ」


狭いんだからわざわざ二人で同じところに潜らなくてもいいでしょうに、仲良しさんですね~なんて思っているとこっちでは



20150320 みーこ&いろは

みーこちゃん(右)といろはちゃん(左)がまさにギュウギュウ詰め。

みーこいろは「これくらいがちょうどいいのにゃんよね~っ


そうなんですか、ちょうどいいんですか(*^^*)
皆さんこういってますけどどうなんですか、みけたちゃん?



20150320 みけた(1)

みけた「ふふん、ボクは『とっぷあいどる』でエライからベッドは独り占めなのにゃ。広々していて最高ですのにゃ


それってほんと~~~に、心から思っています?



20150320 みけた(2)

「・・・・・・ホントはね、ふく兄ちゃんと一緒に入ってたんだけど構ってほしくてお耳をカプッてしたらふく兄ちゃん出て行っちゃったのにゃ・・・・・・ボクもギュウギュウがいい・・・・・・


ですよね、やっぱり。
そっと寄り添ったらふくちゃんはやさしいから毛づくろいしてくれますよ。噛んではいけません



ネコさんがギュウギュウ詰めになっていると、小さくなってその中に混ざりたいと心の底から思います。
どこかにスモールライト売ってませんかね?
あ、でもそうしたらねこさん達のいい遊び道具にされそう・・・・・・?




ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
ねこ, とらぼん, こまめ, いろは, みーこ, みけた,
PageTop

ペゲちゃんとツクシ

ペゲちゃんファンの皆様(いるのか?)お待たせいたしました、今日はまたまたペゲちゃんからの電話ネタでございます。
どうしてそんなにネタの宝庫なのかというツッコミはなしにしてください。
それがペゲちゃんなのです。


ペゲ「もしもし、若様じゃ」←もちろん若様=ペゲちゃん

私「なんや、バカさま」←ペゲちゃんが若様ごっこを始めたときのお決まりの返し文句

ペゲ「これ、その方もうすぐ帰って来るのであろう。若様にツクシを持って参れ」←ペゲちゃんはツクシが大好き

私「はあ!?そんなもん、この辺(田舎だけど工場しかない)に生えてないって毎年言うとるやろう!!」←去年はわざわざ自転車で生えているところまで取りに行ってあげた優しいわたし

ペゲ「若様はツクシが食べたいのじゃ!!」

私「今年はムリです!!忙しいんです。大体雨で外出できません

ペゲ「そんなんは知らん!!ええからツクシ!!」←若様ごっこを忘れて素に戻る

私「そんなに言うなら○○大学(私の出身大学)まで一人で行っておいで!!ゼッタイぎょうさん生えとるから」←しつこいのでペゲちゃんをいじめて諦めさせることにした


20150213 みーこ

みーこ「確かお姉ちゃんの出身大学の駐車場の裏にすっごいツクシスポットがあるらしいのですにゃ。お姉ちゃんが大学に通っていたころは授業の合間に毎年大量にツクシを摘んで帰っていたらしいのですにゃ」


ペゲ「わ、ワシには無理や!!」

私「ほほ~、何が無理なんや?ちょちょっと電車に乗って行くだけやないか

ペゲ「くそう、ワシが一人で電車によう乗らんの知っとるやろうが(>_<)もうしらん、お前には頼まん!!」←まんまと引っかかった

私「おう、たのむなよ~


20150107 みーこ(1)

みーこ「そういえばペゲちゃんってどの電車に乗ればいいかわからないんだっけ・・・・・・電車に乗るときは迷子にならにゃいようにいつもお母さんについて行ってもらっているものね」


ペゲ「くそう、頼みはせんけど気ぃ向いたらいつでも採ってきてええからな!!お前がど~してもって言うんやったら食べたるさかいな!!」←諦めてへんのかい

私「とにかく、今回はナシや。じゃあな」←堂々巡りになりそうなので強制終了




20150107 みーこ(2)

みーこ「ツクシと言えばお姉ちゃんが大学生の頃凡太に『今大学内でツクシ採ってます』ってメールを送ったら凡太ったら『○○ちゃん(お姉ちゃん)は学校で山菜を採らないといけないほどおうちが貧乏なんだ!!ボクがいい所に就職して美味しいものを食べさせてあげないと(>_<)!!』って盛大に勘違いしていたらしいですにゃ後で判明して、『会話がかみ合わへんハズや・・・(-_-;)』ってお姉ちゃんがボヤいてましたのにゃ


そんなこともありましたね~(*^^*)
ちなみに私は苦いものが苦手なのでツクシは食べません。
せっせと摘んで、せっせと袴とりをして、ペゲちゃんは食べるだけです。
ペゲちゃんにツクシを見せると超ご機嫌になります。
三池家秘伝のペゲちゃん取扱説明書にもちゃんと記載されているほどです。


今回の帰省には間に合いませんが、帰省から帰ってきてもし気が向くことがあれば去年採りに行ったところまで行ってあげましょうかね・・・・・・。
ま、気が向いたらですけどね。


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
ねこ, みーこ, ペゲ,
PageTop

やっぱり態度がデカかった

さて昨日、凡太さんのメガネを新しくつくりに行くという話をしましたがメガネ選びのために一緒に来てほしいということで会社帰りの凡太さんと待ち合わせをしてメガネ屋さんに行ってきました。
新しい眼鏡はレンズが取り寄せになるので一週間後に受け取りです。
ちなみに新しい眼鏡はとらぼんちゃんが言っていたような「5割増しで賢くなるメガネ」でも、私が言っていた「5割増しで賢そうに見えるメガネ」でもなく、「今までよりもやさしい印象に見える」メガネになりました。



20150318 とも&とらぼん

とも(左)「メガネを試しにかけたときにお姉ちゃんが『今までのよりこっちの方が優しい感じがする』って言ったら凡太がそれに即決したらしいのにゃ。なんでだと思う?」

とらぼん(右)「あ~・・・・・・なんかね、同じ社宅の人と話す機会があったときに『ボク、三池さんのことを知っている○○君と同じ部署なんですけど、ちょっと怖いって聞いてたんで緊張してたんです』って言われたのを結構気にしてたのかもしれませんのにゃ。凡太兄ちゃんが怖いわけにゃいのにね。はじめてボクたちに会った時にゃんてどうしていいかわからずにビビリまくっていたのに」


凡太さんは背が高いですからね~・・・・・・それだけで威圧感があるのかもしれませんね。
中身はとってもかわいい(?)普通の人なんですけどね
そう言えば凡太さんはうちに遊びに来るまでネコさんに触ったことがなかったですからね。
最初の頃はみけたちゃんが突然走り出すたびに「ヒィィィッ」ってビビッてましたね(笑)


20150318 とも&とらぼん(1)

とも「あれは面白かったのにゃ」

とらぼん「ウン。あの頃の凡太はいい遊び道具だったのにゃ(今でもだけど)」


遊び道具、ですかお手柔らかに頼みますよ。

そうそう、凡太さんと待ち合わせをした時に私が一足早く着いたんですけどね・・・・・待ち合わせ場所やってきた凡太さんがなぜか私を眺めてうっすら笑っているんですよ。何かと思って聞いてみたらですね、

私「何?なんでそんなビミョウな顔して笑っとん?」

凡太「いや、やっぱり○○ちゃん(私)態度デカイわ、うん」←ひとりで納得してしかもウンウンと大きく頷いている

私「は?どこが?普通にぶらぶらしながら立っとっただけやで」←凡太さんはまだ私を眺めながらウンウン頷いている


というやり取りがあったんですよ!!どう思います



20150318 とも&とらぼん(2)

とも「どうって・・・・・・周知の事実だと思いますのにゃ

とらぼん「そりゃあ、なんていうかお姉ちゃんだもんね。堂々としすぎてるっていうか揺らがないっていうか、態度が悪いっていうか・・・・・・


た、態度が悪いって、単に立っていただけなのに
どうすればいいんでしょう


20150318 とも&とらぼん(3)

とも「大丈夫!!お姉ちゃんは態度がデカイのが似合っているからそれでいいのですにゃあ

とらぼん「そうそう、僕たちのボスねこみたいにゃものだからね。ボスは堂々としていにゃいとダメなのですにゃ


は、はあ。
態度がデカいのが似合っているって嬉しいような嬉しくないような、とっても微妙な気分なんですけど
立っているだけで態度がデカいってどういうことなんでしょうね?性格が出るんでしょうか?
そういえば私、いつも書道の先生に「字がちょっと大きいからもう少し小さく書きましょうね~」って注意されるんですよね。
字は書いた人のことを表わすって言いますものね。凡太さんに態度がデカいと言われてなんとなくどうして私はいつも字が大きくなってしまうのかわかった気がしました。


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
ねこ, とも, とらぼん,
PageTop

メガネが合わないようで・・・

20140408 とらぼん(1)

とらぼん「ねえ、凡太兄ちゃんがなんだかとっても頭が痛いっていっているのにゃあよ。どうしたの?」


ああ、どうやらメガネがあっていないようなんですよ。
一度落としたときにフレームが歪んでしまったらしくってそれ以来何度かメガネ屋さんで直してもらったんですがやっぱりなんとなく不快感があるようですね。


20140408 とらぼん(2)

とらぼん「にゃるほど・・・・・・度がきつくなってくるとちょっとのズレでもしんどいってお姉ちゃんも前にボヤいていたのにゃんね」


そうなんですよね~。
最近凡太さんも乱視がちょっと入ってきたみたいで余計しんどいのかもしれません。


20140408 とらぼん(3)

とらぼん「パソコンを使うお仕事だからしんどいにゃんね」


そう思います。
今日はもう我慢が出来なくなったみたいで、仕事帰りにメガネ屋さんに行って新しい眼鏡を買うと言っていました。
頭痛を我慢するよりはずっといいですからね。
さて、今度はどんな眼鏡を選ぶのかな~?


20140408 とらぼん(4)

とらぼん「5割増しで賢くなるメガネとかでいいんじゃにゃい」


そんなメガネ、売ってませんよ・・・・・・あれば私が買いますよ
実際に賢くなるのは無理ですけど、5割増しで賢そうに見えるメガネをリクエストしておきましょうか


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
ねこ, とらぼん,
PageTop

花を育てるのにゃ!

凡太です。

凡太は時間のある時に土地や建物の折り込みチラシをよく見ています。
(今住んでいる家に不満があるわけではないですが…)

最近、注目しているのは訳あり物件でその中で、『再建築不可物件』です。


建築基準法では、基本的に「建築基準法でいう道路」に2m以上接道していないと建物が建てられません。(建築基準法42・43条参照)

もうすでに建物が立っている場合でも上の条件を満たさないと建物の再建築、つまり建て替えができません。
こういう物件は相場より安く購入したり、借りることができるようです。
火事が起きてしまうと大変ですけどね…。


20150314 たろ(1)


たろ「なんで大変なのにゃあか?」


だって、建て替えができないからもう家は建てられないじゃないですか。
自然災害や火事で建物が崩壊したらもう済むことは出来ません。建て替えができない分、内装をリフォームして快適度を保って住むしかないんですよ。


20150314 たろ(2)



たろ「そりゃそうだ…」


三池の実家近くに再建築不可な土地(更地)が売られているので、凡太は注目しています。
土地の上に何もたてられませんが、花を植えるぐらいなら問題ないそうです
元は家が建っていたと思われるので、面積も広い
100㎡は花を植えるスペースはあるらしいし…
(奥さんが実家に帰ったついでに下見をしてきました。凡太はまだ見たことないです)

不動産屋さんのサイトによると「軽」ではない自動車が買えるぐらいの値段がついていますが、何年も買い手がいなかったら値段が安くなると思われるので、4,5年は待っていようと思います。

凡太はずっとマンションにしか住んだことがないので、「土地を買う」という行為についてものすごくワクワクしています


果たして本当に手に入るのか、それは神のみぞ知るところです。


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
ねこ, たろ,
PageTop

祝!!地デジ化成功!!

本日は土曜日ですが、昨日あまりの忙しさに凡太さんにブログの更新をお願いしたので今日は凡太さんではなくわたくしめが担当させていただきます。
ちなみに凡太さんは台所で親子丼を作ってくれています。


さて、これは今日の昼間の出来事です。


20150314 だる~(1)

だる~「あ、その荷物ってもしかして新しいテレビにゃんじゃ・・・・・・」


おお、だる~ちゃんよくわかりましたね。
さっき買ってきたんですよ。
いや~、ずっとブラウン管(貰い物の1993年製)だったので最近のテレビの軽さにびっくりしましたよ!!
ずっといつ、どんなテレビを代えようか迷っていた私たちですが(その様子はこちら➡テレビの寿命)とうとう買っちゃいましたよ(*^^*)


20150314 だる~(2)

だる~「なんかでっかくない?」


そうなんですよ~(^-^)
なんと、32型ですよ!!
今までは24型だったはずなんでグレードアップなんてものじゃありませんね~
いや、大きい!!
ま、贅沢は言わずに1Kですけどね。
早速設定して大相撲を見ましょうね



20150314 だる~(3)

だる~「おお~・・・・・・迫力が違うのにゃねえ、画面が綺麗なのは言わずもがなにゃんだけど音声もすごく聞き取りやすいね」


そうですね!!
なんか一気にド迫力になりましたね(>_<)!!
これはいいですね
スポーツ観戦が格段に面白くなりそうな予感です。
野球が始まるのが楽しみですね・・・・・・まずは21日から始まる高校野球を存分に楽しむとしましょう。

それに、「ダーウィンがきた」とかの自然番組もいいですね。
あ、この大画面で「世界ねこ歩き」を見たい・・・・・・見たいです、大画面できゃわゆいねこさん!!!!
そうか、USBを接続できるということはうちの子の写真をこの画面で見ることができるんじゃ
きゃ~~~っ



20150314 だる~(4)

だる~「えっと、お姉ちゃんが喜んでいるのは伝わったと思いますのにゃもちろん凡太も喜んでいますのにゃ。お姉ちゃんたちのもとにようやく訪れた地デジ化の波ですが、まだまだ三池家の実家(僕たちがすんているおうちだよ)は地デジチューナ+ブラウン管テレビで頑張っています。ハイビジョンテレビ、ボクも生で見てみたくなりましたのにゃ



ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
ねこ, だる~, 地デジ化,
PageTop

Best of みけた


20141224 みけた&みーこ

みーこ(奥)「ちょっとみけた。お姉ちゃん忙しいみたいだから、そこできゅるきゅるしてなさい」

みけた(手前)「ボク、今退屈を満喫してるのに…



20140221 みけた(4)

よし、きょうはボクの写真で埋め尽くそう。お姉ちゃんは忙しそうだし。今なら大丈夫なのにゃ!
『Best of みけた』はっじまるよ~♪


きゅるるん・みけた

こうやってきゅるるんしとけばいいんだね

みけた・秋


これはみけた'sホワイトハウス。現在では僕が屋根に乗りすぎて潰れちゃったのにゃ。


20130607 みけた


イケにゃんでしょ。お姉ちゃんがちょっと光の加減を加工してくれたの。



20130617 みけた(1)


ん~そこそこ~


20130715 みけた(1)


お姉ちゃんがキレイキレイしてくれてるの。ボクはきれいずきだからねっ☆


20130625 みけた(1)



疲れたのにゃ…ひとりで何枚も登場するとしんどいのにゃ。



20140203 みけた



じゃあ、みんなおやすみ。またこんどね


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
ねこ, みけた,
PageTop

思ったより○○なんですね!!

身長がちょっと低目な私は実家にいる頃しょっちゅうペゲちゃんに「ちんちくりん」だの「マメだぬき」だのと言われてからかわれていた(ペゲちゃん的には愛情表現のつもりらしい)わけですが、何故かよく「三池さんって思っていたより小柄なんですね!!」と驚かれます。
(そうそう、ねこさんに噛まれて右手を負傷していたペゲちゃんですが、ようやく普通に車の運転もできるようになったそうです)


20140711 たろ(2)

たろ「つまり実際の身長よりも大きく見られているわけにゃんね」


そうなんです。
たまたま隣に並んで立った時に見下ろされて「あれ、何か小さい身長何センチ」という反応をされるんですよね。
たいてい皆さん私の身長を155㎝くらいだと思っていたとおっしゃいます。


20140711 たろ(3)

たろ「実際には148㎝だから、結構誤差があるにゃんね」


たろちゃん、私の身長は暫定149㎝ですよ。ここ、重要だからちゃんと押さえておいてくださいね(149㎝になったお話はこちら➡身長が伸びている!?)
で、身長を聞いて「ええっ、150㎝ないのか~わ~いい~(*^^*)」となるのです。



20140711 たろ(4)

たろ「か~わ~いい~・・・はどうでもいいけど、どうして実際よりみんなお姉ちゃんの身長が高いと思うんだろう?」


どうしてでしょうかね~?
皆さんはどう思いますか?


20140824 みけた いろは とらぼん

みけた(奥)「声と態度がデカいから?」

う・・・・・・そうかもしれませんね


いろは(中央)「そうねえ~、姿勢がいいからとか?」

ああなるほど、それは言えているかも(^-^)!!


だる~(手前)「顔がデカいから(ボソッ)

コラコラコラコラ、いくら小声で言ってもそんな近くでつぶやいたら聞こえますよだる~ちゃん
たとえ事実でもそういうことは聞こえないように言ってくださいね、でないとお姉ちゃん泣いちゃうっ(/_;)



20150212 だる~(3)

だる~「お姉ちゃん、この程度じゃ泣かないでしょ。かわいこぶんにゃいでもいいよ


まあそうですね。この程度でいちいち泣いてたらあのペゲちゃんの娘なんてやってられませんから。
きっとこういうふうに態度がデカくて多少のことでは動じないのが身長を高く見せている理由なんでしょう。
何しろ「儚げな佇まい」なんて私の対局にあるような言葉だと思いますからね。


さてと、ではきょうも夢の150㎝を目指して(?)ストレッチでもしますかね。


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
ねこ, たろ, だる~, いろは, みけた,
PageTop

替え歌

おか~あさん なあに おか~あさんって いいにおい



20150309 とも(1)

とも「おねえちゃんがお歌を歌っているのにゃ。お姉ちゃんは歌うのが好きだからしょっちゅう歌を口ずさんでいるのにゃんよ。ボクも実はお姉ちゃんのお歌を聴くのけっこう好きにゃんだよ


さかなをさばいた においでしょ~ これはたいの においでしょ~



20150310 とも(4)

とも「え゛・・・この歌詞、ちょっとおかしいのにゃお母さんのにおいがタイをさばいたにおいって・・・」


おか~あさん なあに おか~あさんって いいにおい
これはサバの においでしょ~ 今日はサバのきずしでしょ~


20150310 とも(2)

とも(右)「やっぱりこの歌詞おかしいのにゃねえ、だる~もそう思うよね

だる~(左)「う、うん。たぶんお姉ちゃんがまた適当に替え歌しながら歌っているのですにゃ。いつものことですにゃ」


20150310 とも(3)

とも(左)「だよね~・・・世間一般ではお母さんからタイとかサバとかさばいた匂いしにゃいよね

だる~(右)「ボクは人間のくせにお母さんに付いた匂いがタイのにおいとかサバのにおいとかわかるお姉ちゃんの方が特殊だと思いますのにゃ・・・お姉ちゃんて高校生の頃本当に夕飯の魚を帰ってきたお母さんのエプロンのにおいをかいで当てていたらしいのですにゃ・・・(-_-;)」



20150310 とも(5)

とも「ちなみにお姉ちゃんが歌っていた歌は『おかあさん』って言う題の童謡ですのにゃ。一番の本当の歌詞は『せんたくしていた においでしょ しゃぼんのあわの においでしょ』、二番は『おりょうりしていた においでしょ たまごやきの においでしょ』ですのにゃ。そんなことはにゃいと思うけどお姉ちゃんバージョンで間違って覚えにゃいでね


まだ三池商店が商売をしていたころ、母は帰り際にその日のおかずをさばいていました。
だから母が帰宅してお出迎えをすると最後に触った魚のにおいが母についているんです。
そのにおいをくんくん嗅いで、その日の夕飯を当てるのが楽しみでした。
私がもともとにおいに敏感なせいもあってか、慣れると結構当たるんですよ
三池商店は青魚中心の大衆魚店だったのでイワシ、タイ、サバ、アジ、ブリ、ヨコワ、カツオ、カンパチ…くらいならほぼ100%の正答率でした。高級魚はさすがににおいを嗅ぐ回数が少なかったので(そもそも食卓にもあまり上らなかったこともあって)あまり当てられませんでしたが。


そういえば、保育所に通っていたころ迎えに来た母のそばによって「おばちゃんくさい!!」なんて言っていた友達もいたな~なんて思い出していたらつい口ずさんでいたようです。
私にとってはもちろん母からする魚のにおいはくさい臭いではなくてとってもいい匂いでした。

魚も新鮮だと魚のにおいはしても臭みは一切ありませんからね
だからテレビの料理番組で「魚の臭みを消すために・・・」なんて言いながら調味料を振りかけているのを見るたびにテレビに向かって「それはその魚の鮮度が悪いんじゃ!!魚が臭いみたいに言うな!!新鮮な魚は魚のええ匂いがするんや!!」と本気で文句を言ってしまうんです(笑)


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
ねこ, とも,
PageTop

午前五時の攻防~私が背筋を鍛え始めたわけ

3月に入ったとはいえ、まだまだ寒い日が続いていますね。明け方ともなれば言わずもがな・・・というわけで三池家では凡太さんと私の間で「午前五時の攻防」も毎日繰り広げられているわけです(「午前五時の攻防」についてはこちら➡午前五時の攻防)。
これは先日起こった出来事です・・・


20150309 とも

とも「う~ん・・・きょうはいつもにも増して凡太の寝相が悪かったのですにゃお姉ちゃん、とっても迷惑そう・・・っていうか『グッ・・・ゥ・・・』ってうめき声が何回も聞こえて来るもんだからお姉ちゃんが生きて朝を迎えられるのか心配でハラハラし通しだったのにゃ。おっと、案の定起きてきた凡太にお姉ちゃんが怒りをぶつけていますのにゃ」


私「ちょっと凡太!!今朝自分が何をしたかまさか覚えてないなんて言わへんやろうなあ

凡太「ああ~、今朝は何かめっちゃ寝返りうっとったよな俺

私「『寝返りうっとった』どころやないわ人が何べんうめき声を上げて目を覚ましたと思っとるねん!!」

凡太「へへっ、だって寒かったんやもんで、あったかい所を求めてゴロンっていったらなんかうめき声が聞こえてきてな~」

私「いっつも言うとるやろ凡太みたいなでっかいやつに圧し掛かられたら肋骨がきしんで体が歪むねん、ホンマにやめて!!」

凡太「そういえばな、○○ちゃん(私)に乗っかったときに『ミシミシ』って○○ちゃんの体が音たてたのが聞こえたで。でも眠いしあったかいしまあいっか~ってそのままコテンと寝てもうた。いや~・・・いっつも『○○ちゃんは肋骨がきしむ、変形するなんて言うて大袈裟やな~』っておもっとったけど、アレホンマやってんな

「もう二度と人の布団に入ってくんな!!」



20150309 mi-ko

みーこ「凡太、許すまじ・・・さっさと実家に帰っていらっしゃい。お仕置きしてやるわ・・・」


この日一日私の頭が寝不足でぼんやりしていたのは言うまでもありません。
しかし、いくら「二度と布団に入ってくるな」といったところで凡太さんは寝ぼけているわけですから注意のしようもなく・・・
この日私は凡太さんからの攻撃に耐えるために腹筋・背筋を鍛えてもっと屈強な体になるしかないのではないかと本気で考え始めました。
ただの専業主婦が「屈強な体」を求めて鍛えることを本気で考えるきっかけになったのが旦那の寝返りから身を守るためって・・・どんな理由やねん、と自分で突っ込みつつここ1週間ほど背筋を鍛え始めています。
なんかイロイロ間違ってないか、自分?と疑問に思うこともありますが、まあ運動不足なのは間違いないしきっかけはどうでもいいか・・・ということで。


そうそうみーこちゃん、次の帰省では凡太さんには「みーこアタック」を5発くらいかましていいですよ。

20150111 みーこ

みーこ「任せるのにゃ!!凡太が帰って来るのに備えて練習しておくのにゃ、とうっ!!(ドスンッ、ドカッ)」



ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
ねこ, とも, みーこ,
PageTop

凡太は走る。職場のために。

凡太です。

凡太は毎日体幹を鍛えるストレッチ運動をやっていて、その上で週1~2日ランニング(というよりダッシュ)やソフトタッチバレーをしています。ソフトタッチバレーは完全に遊びで、走るほうは真剣です。


20150308 みけた(2)


みけた「何のために走っているにゃあか?」


会社で行われる駅伝が近いうちにあるんですよ。若手は1km前後走らされるので、ダッシュできる距離を増やせるように半年ぐらい前から少しずつ体力をつけていました。

20141111 こまめ


こまめ「それって誰が楽しみにしてるにゃあか…」

まぁ、そういうことを大きな声で言ってはいけないみたいですね…。凡太は体力をつける機会だと思って前向きに準備しています。社宅の周りでも、駅伝のために走っている人をここ2~3週間でよく見かけます。
デスクワークしかしていない生活を何年も続けていたら数百mの担当でも走れませんから。

奥さんが言っていたのですが、死んだような表情で走っている人が多いのと、服装にまとまりがないが靴だけはおろしたてだから、だそうです。ま~服装に関しては凡太も一緒ですしね。ランニングが趣味の人は上下揃ったランニングウェアを着ていますが、凡太は適当でジーンズで走っています。


20150129 みけた(1)


みけた「何か大変そう。ボクは寝てる方が好きだにゃ…当日は雨降るといいね


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
ねこ, みけた, こまめ,
PageTop

使用済み切手コレクション (3) ~キャラクター~

凡太です。

20150221 だる~

だる~「MCのだる~ですのにゃ。今週も凡太兄ちゃんの使用済み秘蔵切手コレクションをご覧くださいなのですにゃ~。今回のテーマはキャラクターですのにゃ~。」

20150307 切手(キャラクター13) 20150307 切手(キャラクター12)

20150307 切手(キャラクター8) 20150307 切手(キャラクター9) 20150307 切手(キャラクター7) 20150307 切手(キャラクター4)

20150307 切手(キャラクター2) 20150307 切手(キャラクター6) 20150307 切手(キャラクター5) 20150307 切手(キャラクター)

20150307 切手(キャラクター11) 20150307 切手(キャラクター15) 20150307 切手(キャラクター14)

20150307 切手(キャラクター16) 20150307 切手(キャラクター10)

キティちゃんは仕事を選ばずにいろんな会社やキャラクターとコラボする、という話を聞いたことがありますが、切手もたくさん作っているようです。
ピーターラビットの使用済みの切手が手に入りやすいのも意外でした。キティちゃんと同じくらい手元にあるのでびっくりです。

20141205 みけた(3)

みけただる~ばっかりMCでずるい!今度は僕にMCをやらせるのにゃ



ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
切手, ねこ, みけた, だる~,
PageTop

ぽんちゃん、空飛ぶ夢を見る?

おや、珍しくぽんちゃんがでろ~んと伸びて寝ていますね。
ぷーちゃん、ぽんちゃんはどんな夢を見ているんだと思いますか?


20150306 ぽん89

ぽん「とうっ・・・ムニャムニャ・・・

ぷー「さっきからぽん兄ちゃんを眺めているんだけど、とっても楽しそうなのよ・・・それに寝言を聞いているとお空を飛んでいる夢を見ているんじゃにゃいかって思うのにゃ」



へ~(*^^*)
お空を飛ぶ夢ですか・・・



20150306 ぽん(2)

ぽん「うふふふふふ

ぷー「ね、楽しそうでしょう?」



そうですねえ、ぽんちゃんはどんなふうにお空を飛んでいるんでしょうねえ?
スーパーマンみたいに飛んでいるのかな?それとも鳥さんみたいに羽が生えたのかな?
どこを飛んでいるんでしょうね?



20150306 ぽん(3)

ぽん「やっほ~ぅ

ぷー「ねえ、空飛ぶ夢ってそんなに楽しいのかしら?ぽん兄ちゃんだけ幸せそうなのも癪だからねこパンチして起こしちゃおうかしら


せっかくの楽しい夢なら起こさずにそっと見守ってあげてくださいね、ぷーちゃん
いつもみけたちゃんに遊び相手をさせられて(突然物陰から襲われる獲物役をやらされて)ぽんちゃんも結構苦労しているんですから楽しい夢を奪わないであげてくださいな(>_<)



20140816 みけた(2)

みけた「にゃに?今ボクのこと呼んだにゃんか?」

いいえ、三池家の平和のためにみけたちゃんもゆっくり眠っていてください・・・



夢占いでは「空を飛ぶ夢」というのは色々と意味づけされているようですが、私は今まで空を飛ぶ夢は一度も見たことがありません。
一度見て見たいと思うんですけどね・・・逆に奈落の底にまっさかさま的な夢なら数えきれないほど見ましたが(-"-)
落ちる夢は寝覚めが良くないのであまり見たくはありませんね。
さてぽんちゃん、本当はどんな夢を見ているんでしょうかね?



ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
ねこ, ぽん, ぷー,
PageTop

誤算

母「もう!!そんなしょうもないことばっかり言うとったらご飯用意したらへんで!!


20150305 だる~&ふく

だる~(手前)「あちゃ~・・・ペゲちゃんがお母さんを怒らせちゃったのにゃお願いだからボクたちのご飯はちゃんと用意してね・・・(ペゲちゃんのご飯はどうでもいいから)」

ふく(奥)「大丈夫にゃ、僕たちはとってもいい子にしてるんだから」



ペゲ「くそう・・・結婚した時はババ(母)がこんなに気ぃ強いとは思わんかった・・・誤算や(>_<)せやけど飯・・・飯は重要やからな、大人しいにしとこ・・・」←私に向かって話しかけている

母「何が誤算や!!あんたと夫婦やっとるから気も強なったんやペゲちゃんの頭をはたく真似(真似だけなのがやっぱり母は優しいと思う私)


20150305 だる~&ふく()

だる~「ねえふく兄ちゃん・・・この会話既視感があるのは気のせいにゃんかね?」

ふく「この前凡太がお姉ちゃんにいたずらして『そんなことするんやったらもうハンバーグ作ったらへんで!!』って言われてしょげてたのにゃ。やっぱり親子なのにゃ」

だる~「ああ・・・そういえば。でも親子なのはお母さんとお姉ちゃんでペゲちゃんと凡太兄ちゃんは他人だよね・・・



私「よう言わ・・・大体誤算ていうたら、お母ちゃんがこんなに料理上手や思わんかったやろ?お母ちゃんの作るご飯美味しいもん、よかったと思わん?」

ペゲ「せや(ウンウンと頷きつつ)、それはワシも思う。こんなに飯がウマいとは思わんかった(*^^*)確かに誤算やった」



20150305 だる~&ふく(3)

だる~「ペゲちゃんはお母さんに胃袋を完ぺきに掴まれちゃっているってことでにゃんか?イロイロそれでいいのにゃんか?」

ふく「いいんじゃにゃい?なんか幸せそうだし・・・


私「そない思うんやったらお母ちゃんの機嫌損ねんときや。お母ちゃんが面倒見てくれへんようになったって言うて泣きついてきたってうちはお母ちゃんみたいに優しいにペゲちゃんの面倒みたれへんからな(-_-)

ペゲ「うっ・・・それは、わかっとる。お前はほんまにキツイ・・・キツすぎる。大体どんな扱いになるか想像がつくだけに、考えただけでも恐ろしい(>_<)!!」←恐怖に身をすくめている(一体ペゲちゃんの中で私はどれだけ厳しい&恐ろしい人間だという設定になっているのかふと疑問が湧いた(笑))

私「わかっとったら宜しい」←とりあえずエラそうに言ってみたが、自分のどこがキツいのかイマイチわかっていない。母はこれを聞いて笑っていた(否定しないということは母も私がキツいと思っているらしい)


こうしてこの日の夫婦喧嘩は喧嘩にならずに終焉を迎え、やはり胃袋を押さえておいて損はないのだな、と私は一人心の中で大きく頷いていたのでありました。



ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
ねこ, だる~, ふく, ペゲ,
PageTop

急げ、地デジ化!!

20150304 みーこ(1)

みーこ「今日はお母さんが朝からゴソゴソとテレビ周りで何かしていますのにゃ。なんでも地デジチューナーなるものをつけなくてはいけないらしいんだけど・・・そういえば昨日テレビの電源を入れても映っていなかったのにゃんね。何か関係があるのかしら?」


ほら、みーこちゃんが今乗っているテレビってブラウン管じゃないですか。
今まではデジアナ変換でそのままでも見れたんですけどね、デジタル放送に完全移行するからこのままだとテレビが見られなくなっちゃうんですよ。



20150304 みーこ(2)

みーこ「要は今までほったらかしにして地デジに対応してなかったっていうだけの話よね?ねえ、お母さんがチューナーをつないでみたけどNHKしか映らないって困っているのにゃんよ。」


えっ・・・・・・(・_・)


20150304 みーこ(3)

みーこ「ま、アタシとしては乗り心地が変わらなければテレビが見られるかどうかにゃんてどうでもいいんだけどね」


それもそうですね。
今度帰ったときにどうするか考えます。それまではNHKだけで我慢するように母に言っておいてくださいな。
というか実家のテレビはNHKしか映らなくても大して問題ないような気が・・・



20140817 みーこ(1)

みーこ「それもそうね。天気予報とニュースだけで充分よね」

はい(^-^)


なんてのんきに考えていた私。
でも!!昨日のニュースのスポーツコーナーを見ていて気づいたのです。
NHKしか映らなかったら実家に帰った時の楽しみであるサンテレビ(つまりプロ野球阪神戦)が見れないということに

これはいけません。買い替えも含めて真剣に対応を考えましょう・・・
デジタル放送のバカヤロー(>_<)!!と今更(←本当に今更だと自分でも思う)叫んでいる私です。


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
ねこ, みーこ,
PageTop

油断も隙も・・・

「ちょっとぉ!!何一人で全部食べようとしとんよ!!!」

20130924 こまめ(1)

こまめ「何にゃ?食事中にお姉ちゃんが叫ぶにゃんて珍しいのにゃ」


凡太「えっ!?うわっ!!ホンマや、ごめんごめんいや~~・・・『ウマいな~ぁ』思いながらパクパク食べとったら・・・(^▽^;)アハハハ・・・」

私「ほんまに何にも考えてなかったやろ!!人がどれだけ楽しみにしとったと思っとるんよ、このイチゴ!!もうあと二個になってもとるやんかっ!!!!」



20130924 こまめ(2)

こまめ「あちゃ~・・・夕飯のデザートのいちごを凡太が一人で食べちゃったのにゃんかあのイチゴってさっきお姉ちゃんが『やっぱり処分品やから結構痛んでるな~、でもめっちゃええ匂いするわ果物は腐る一歩手前が一番おいしいって言うもんな』って言いながら嬉しそうに食卓に1パック分全部並べていたような・・・」


凡太「いや、ちょっとテレビ見ながら手元見んと食べとったからつい・・・

私「もう、ほんまに信じられへん(>_<)!!今日の夕飯食べながらイチゴのことだけ考えとったのにぃっそれが、おかず食べとる間に2個!!なんで2個になっとるんよ油断も隙も無いとはこのことや!!ああ、うちのイチゴがあ



20130924 こまめ(3)

こまめ「今日の夕飯はお姉ちゃん特製のチヂミだったのにゃ・・・いつもならお姉ちゃんの方が早く食べ終わるんだけど不幸なことに凡太の好物だったから勢いよく食べて凡太の方が先に食べ終わっちゃったのにゃんね。そしてイチゴまで・・・凡太、食べ物の恨みは怖いのにゃんよ。しかも普段はめったに執着を見せないお姉ちゃんの楽しみを奪ってしまったのにゃ


5分後

凡太「おっと、危ない。『イチゴ2個だけ残っとるから食べてしまおう』って今、無意識に手が伸びるところやった

私「あ”(^-^)?んなことしたらどうなるかわかっとるんやろうな?」




~そして次の日~


20150213 こまめ(1)

こまめ「ん?お姉ちゃんがお買い物からご機嫌で帰ってきたのにゃ。珍しいのにゃんね?」


私「じゃ~ん!!今日も安売りコーナーにイチゴあったから買ってきた(≧▽≦)!!昨日より50円高いけど、今日のは傷んでないし量も多いねんリベンジや


20150213 こまめ(2)

こまめ「『リベンジ』とはちょっと違うようにゃ気が・・・ていうかやっぱりお姉ちゃん昨日のイチゴの件、相当根に持っていたのにゃんね。きょうは凡太より先に食べ終わってイチゴを一心不乱に食べていますのにゃ。シアワセそうにほっぺたが緩んでいるの気づいてないんだろうにゃ。凡太、今日もイチゴがあってよかったにゃんね」


まだまだお値段高めのイチゴ。
大好きなイチゴ。
安売りコーナーで真っ先に探すイチゴ。
実家では毎日収穫できるように何鉢も育てているイチゴ。
私の大好きなイチゴちゃん

食べれてよかったです・・・(*^^*)


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
ねこ, こまめ,
PageTop

これはミズバショウ!?

集めている切手を整理しているときのこと、凡太さんがミズバショウの切手を発見して言いました。
凡太「あれ、ミズバショウやったんや!!」
え?と思って凡太さんの説明を聞いていると、この前一人で花屋さんの前を通ったときにカラーに似た花が置いてあって、「これはカラーですか?」と聞いたところ「カラーではない」と花屋さんが言っていたということでした。
で、切手を見て「あれは、ミズバショウだったんだ」と一人で納得していたのですが・・・

花が好きな方はわかると思いますが、この季節に花屋でミズバショウの開花株を売っているはずがないですよね?
そもそもそこらへんの花屋でミズバショウなんて売っていないですよね?
というわけで私は「一体何の花をミズバショウと勘違いしているんだろう・・・?カラーではないと花屋さんが言っていたらしいし?」と一人納得している凡太さんを横目に見ながらコッソリ首をかしげていたわけです。


これはそんな事があった後に起きた、花屋の店先での出来事です。



20150302 とも(1)

とも「あ、凡太がお姉ちゃんを急に引っ張って花屋さんに入って行ったのにゃ!何か指さしてるけど・・・」


凡太「ホラ、これミズバショウやろ?」←得意げ

私「スパティフィラムやな」←即答

凡太「!!!・・・・・・・・・・・!!!(・_・)!!!」


20150302 とも(3)

とも「ん?何か凡太が固まってる・・・?またお姉ちゃんの一言で一刀両断されちゃったのにゃんかね?」



ドンッ

私「ぎゃあっ


20150302 とも(4)

とも「ああっ!!お姉ちゃんを花屋さんから無言で押し出したと思ったら凡太がお姉ちゃんに体当たりしたのにゃ!!多分八つ当たりしたのにゃんね・・・」


私「なるほどね~・・・ミズバショウと勘違いしたのね~。あのお花、三池家の実家でも育ててるから凡太も見たことあるはずやで?」



20150302 とも(5)

とも「あ~あ、凡太のヤツガックリうなだれちゃってるのにゃ・・・おっと、エスカレーターで上の階に行くのにゃんね。本屋さんにでも行くのかにゃ?」


凡太「さっきの花、フルフィルムね」←よし、新しい花の名前を覚えたぞという感じで頷いている

私「スパティフィラムな・・・」

凡太「(-"-)スパフィチ・・・(?_?)?」

私「スパティフィラム」

凡太「スパティフィラム」

私「うん」



20150302 とも(6)

とも「今日、凡太はまた一つ賢くなったようです」


ミズバショウを私に見せようといそいそと花屋さんに連れて行ってくれた凡太さんでしたが、肝心のお花はミズバショウではなく、もちろんカラーでもなくスパティフィラムというお花でした。
白い苞がとってもきれいで、確かにカラーに似ているかもしれませんね。

さて今日のブログを読んで、
そもそもどうして凡太は「カラーではない」ことを教えてもらったときにその花の名前を花屋さんに聞かなかったのか・・・?
と思ったそこのあなた。
その通りです。
私も心の中でそう思いました。「どうしてそこまで会話しておいて花の名前を聞いてこなかったんだ?ちゃんと聞いていたら私は体当たりを受けることもなかったのではないか!?」と。


まあ、そこが愛すべき凡太さんの凡太さんたる所以なのです、きっと・・・


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
ねこ, とも,
PageTop

チョコレートの詰め放題

凡太です。

スーパーの隅っこにチョコレートの詰め放題コーナーがありましたので、奥さんにたっぷり詰めてもらいました。


20150301 チョコレート 詰め放題



200円(税抜)で400グラムのチョコレートがもらえました。わーい。



20140925 いろは(1)


いろは「たっぷり詰まってるわね。さすがお姉ちゃん。凡太もやればよかったのに。」


凡太はこういうの苦手ですから奥さんの邪魔にならないように、先にレジで会計を済ませて待っていました。
奥さんの手先は非常に器用ですから、詰め放題は得意なんです。


詰め放題のチョコレート 20130427

待ってさえいれば大量のチョコレートが安く手に入るのはわかってましたから。(写真は2年前のものです)
ちなみになぜこんなにチョコが入るのかコツについては⇒こちら 過去エントリにとびます



20140925 いろは(2)


いろは「あんた、いい根性してるわね…」


適材適所って言ってください、いろはちゃん
奥さんが詰め放題をやっていると、それまで誰もいなかった詰め放題コーナーにお客さんが人が寄ってくるんですよね。
隅っこにおいてあるのは、詰め放題しているところを見られて恥ずかしくないように、という理由だそうです。

凡太は今関西圏以外で住んでいますが、凡太の地元・関西では恐らく恥ずかしいと感じる人は多くないでしょう。ですから、関西圏で詰め放題コーナーを設置するとしたらもっと人通りの多いところにするはずです。

意外なところから地域性が見えてきた1日でありました。

20140422 とも(4)


とも「お姉ちゃんが詰め放題をやっていると『楽しそうねぇ~』と100%、人が寄って来ますのにゃん多分とっても楽しそうに袋に詰めているからだとボクは思いますのにゃん


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
ねこ, いろは, とも,
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。