三池凡太の記録箱

ねことクイズと草いじりを愛する夫婦の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

本をもらうことに

20160617 とらぼん(1)

とらぼん「ねえ、昨日からペゲちゃんが妙に張り切って使っていない部屋の掃除とか始めちゃったんだけどお姉ちゃん何か知ってる?」


ああ、来月叔母(母の妹)が引っ越しをすることになりましてね今住んでいる所より家が狭くなるので従兄(叔母の息子)がいらないと言った本や、着られなくなった服をもらえることになったんですよ(*^^*)
その数なんと約250冊!!おまけに本棚も!!
日本文学全集やら哲学全集やらをもらえるらしいのです



20160617 とらぼん(2)

とらぼん「にゃるほど・・・そんなに貰っちゃっていいのにゃんか??」


ええ、捨てるのは忍びないから引き取ってもらえるのなら嬉しいって言ってもらってます(*^^*)
従兄の所は子供がまだ小さいからこの先文学や哲学に興味が出てきたなら、またうちから持って行ってもらったらいいですしね
ペゲちゃんも本を読むのは好きなので嬉しいんでしょうね
気楽な隠居暮らしなので今から本を読む算段でもしながらお片付けしているんじゃないですかね
私も高校生の頃は国文科を受験すると周囲に思われ、大学生の頃は司書学の先生に国文科の生徒だと思われていたほど本を読むのは大好きなのでとっても嬉しいです


20160617 とらぼん(3)

とらぼん「確かにペゲちゃんも本を読むのは好きだよね。でも、だったらどうしてペゲちゃんはあんなのになっちゃったにゃんか?読書家ってもっとちゃんとしてるイメージなんだけどにゃあ・・・」


えっと・・・(とらぼんちゃんがいう『あんなの』ってどんなのだろう・・・?まあでも、なんとなく言いたい事はわかるけど)うん、それはね・・・また今度説明しようかな


とにかく、本が届く来月が楽しみです。
それとは別に服もかなりもらえるようなのでこちらも楽しみにしています。
というのも、昔母が洋裁をしていた頃に叔母に作ってあげた服がかなりあるようなのです。
「あーちゃん(叔母は母のことを『お姉ちゃん』ではなく『あーちゃん』とよぶ。母と叔母は仲良しなので、二人でしゃべっているのを見るのはとっても楽しい)に作ってもらった服があるんやけど、捨てられへんねん(>_<)お願い○○ちゃん、貰って!!」と叔母に頼まれたのですが、私も母が作った服をもっと見たいのです。
というのも私が生まれたころには魚屋の仕事で忙しくなっていたので洋服を作る暇もなくなっていたので、服を作ってもらったこともないし作っているところも観たことがないんですが、昔母が自分で作ったという服を見せてもらうのが子供のころから大好きだったのです


来月の帰省がとっても楽しみです


ぽちっとよろしくお願いします

関連記事

Comment0
ねこ, とらぼん,
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。